キーワード

チェコ

ナチ侵攻で霧散した、 欲情渦巻く幻想都市。

 フランツ・カフカの手紙や日記から娼婦の館通いやエロティックな妄想の記述は編者マックス・ブロートによって削除されていた。作曲家レオシュ・ヤナーチェクは若き愛人カミラとの愛の行為のさなかに天上に召された(噂)。ノーベル賞受賞の詩人ヤロスラフ・サイフェルトは、通りすがりの裏通りの家の窓のカーテンがあき、そしてにっこりほほえむ少女が白いブラウスを脱ぎすて誘惑のポーズをとる、この青春の一コマを人生最高の思

一から十までカスタマイズ。

〈リュニフォーム〉はすべての工程を手作業で行うパリのバッグ・小物ブランド。魅力はベースとなるモデルを選び、生地やパーツ、イニシャルの刻印まで自在にカスタムできる公式オンライン限定のサービス。それが4月12日に丸の内でオープンした国内初の店舗では、実物を見ながら自分好みのデザインをオーダーできる。H30×W40×D12㎝。バッグ98,000円(リュニフォーム/エドストローム オフィス☎03・6427

ハゲとわさび。

 わさびがハゲに効くという研究結果が発表され、ネット上でちょっとした騒ぎになっている。どうやら、本わさびに含まれる成分が育毛に役立つことが発見されたらしい。日本原産のわさびが世界中のハゲの希望の光となったことは喜ばしい限りだ。つくづくこの国に生まれて良かったと思う。これにより、鮨や蕎麦の人気はさらに高まり、日本食ブームがさらに加熱するのは明らか。わさびを原料にした頭皮パックなんてのも当然出てくるだ

充実した一日のスタートは朝食から。|古川 麦

 朝食は欠かさないようにしています。栄養的なことより、僕にとっては一日の始まりの儀式に近いのかもしれません。起きたらすぐ朝食を済まして、それから髭を剃ったり、靴を磨いたり、自分のメンテナンスに時間を費やす。忙しくてもこういった一連の流れを午前中にしておくと落ち着いた一日が過ごせる気がします。よく作る朝食は、ソーセージ、目玉焼き、パンにコーヒーといたってオーソドックス。実はこの組み合わせ、チェコの映

坂下加代子/袋フリーク

○掲載号/766号「ラブソング」
○きっかけ/ドイツに住んでいた10年前、日常的に使っていた生活雑貨のローカルなデザインに魅了される。言葉の意味がわからないことで袋に記載されている文字が記号や模様に見えたのがきっかけ。
○袋/生活雑貨の中でも、坂下さんがハマったのが袋。国によって形状にも個性があるのがツボだそう。
○建築家/本職は建築家。コレクションと仕事はほとんど結びつかないと坂下さんは言うけれ

坂下加代子/袋フリーク

 紙袋・フリーザーバッグ・ゴミ袋・ゲ○袋……。いわゆる生活雑貨に分類される海外製の袋を集めている坂下さん。きっかけとなったのは、ドイツに住んでいた約10年前。ドイツ語表記が新鮮であったことや、プロダクトデザインのクオリティの高さに惹かれ、ハマりだしたんだとか。帰国してからも海外へ行くたび、スーパーに足繁く通い、お気に入りの袋を探し回り、郵便局から戦利品を段ボールで送るのも趣味になりつつある。友達が