キーワード

防水性

12星座をダイヤでデザイン。

LAを拠点とするジュエリーブランド〈スピネリ キルコリン〉から新作チャームが登場。シルバーで作られた球体には、それぞれ12星座の形にダイヤが埋め込まれている。ゴールドのチェーンを合わせて、よりラグジュアリーなムードに。ネックレスチェーン330,000円、チャーム各104,000円(スピネリ キルコリン/サザビーリーグ☎03・5412・1937)

スニーカーなのに本格スペック。

スニーカーなのに本格スペック。

世界最大のスポーツ見本市『ISPO 2018』のハイキング&トレッキングフットウェア部門で、見事に金賞を受賞した《エキソストライク》の新モデルが登場。アッパーには防水性に優れたゴアテックス素材を使い、衝撃吸収性のあるソールを採用。街と山の両フィールドで活躍する機能を踏襲した。31,000円(エコー/エコージャパン☎0120・974・010)

暖かさも柔らかさもハイクラス。

暖かさも柔らかさもハイクラス。

見るからに暖かそうなベージュのジャケットは、最高級のムートンを使用した一着。小ぶりのラペルでジャケットのシルエットを装いながらも、2つの胸ポケットと裾の形をシャツ風にアレンジして、ユニークなアウターに仕上げている。高級素材をあえてカジュアルに着るのがかっこいい。560,000円(サルヴァトーレ フェラガモ/フェラガモ・ジャパン)

やっぱり日本製は穿きやすい。

やっぱり日本製は穿きやすい。

日本生産にこだわる〈オーディナリーフィッツ〉から、使い勝手のいいイージーパンツが登場。シルクコットン生地を使い、ウエストはゴム仕様、サイドはシームレスに仕立てた。ゆとりのあるワタリから裾に向かってテーパードしたシルエットも今っぽい。こちらはボトルスの別注色。19,000円(オーディナリーフィッツ/ボトルス☎06・6136・5225)

Shoes(靴)|おしゃれだけでは語れない、歩くための靴。

昔は張り切ってブーツを履いたりしたんですが、テントの出入りなどで靴の脱ぎ履きが多いキャンプだと不便も多いんです。発見後、即発注したのがこのサンダル。アッパーは高級レザーで耐久性があり、かかとのストラップでホールドすればまるでブーツで、フリーにすればサンダル。爪先までしっかりカバーしてくれるとあって、こんなにキャンプ向きのシューズはないですね。¥34,980(ラディアン☎0532・52・2868)

Rain wear(雨具)|憂鬱な雨の日にこそ一張羅を。

僕の中でこのハットはれっきとしたレインウェアです。フェルト生地は濡れると目が詰まるので、それ以上水を通さなくなるという特性があります。実際に土砂降りの日に被って過ごしましたが、意外にも通気性があって、ゴアテックスのものよりも断然快適でした。カウボーイは昔からフェルトの帽子を愛用していたといいますが、その理由が実感としてわかるアイテムです。¥12,000(ビームス原宿店☎03・3470・3947)

Chair & Sheet(椅子&シート)|気持ちいい場所があれば、即レイドバック。

キャンプ場でハンモックを吊れる場所って、実はそんなに多くないんです。でもこの椅子を持っていけばいつでもどこでもハンモックの快適性を味わえます。体重を後ろにかければ自動的にリラックスできる角度に変形。ずっとユラユラしていたくなる、そんな新感覚のチェアですね。唯一難点があるとすれば、座り心地がよすぎて、動きたくなくなることでしょうか(笑)。¥22,500(イワタニ・プリムス☎03・3555・5605)

Schlaf & Blanket(寝袋&毛布)|どんな時も安心をくれる、マイ毛布。

最大の特徴は上部パネルがジップオフできるところ。夏場のキャンプはマミー形(袋状)だと暑すぎることがあるんですが、これだったら切り離して掛け布団と敷き布団のように使えます。体重がかかる下部は潰れにくい化繊素材で、上部は暖かな高品質撥水ダウン。冷えやすい足元はやや広がった形状になっていて、保温性を確保。細かい工夫も随所に利いていて素晴らしい!¥38,000(ザ・ノース・フェイス原宿店☎03・5466・

BELL & ROSS

大胆なスクエアケースは、航空計器を規範とし、優れた視認性を併せ持つ。時計としての機能に優れ、高いデザイン性からファッション界でも評価される「BR 03−92」が、ダイバーズへと進化を果たした。これはまったくの予想外だ。裏蓋は2.8㎜、ダイヤルを覆うサファイアクリスタルは2.85㎜と厚く設え、さらにリューズをねじ込み式として、300mの防水性を叶えた。正方形をベースに、アルミ製の黒い逆回転防止ベゼ