キーワード

サーフ

サンデイズベストのTシャツ/ラフアンドラゲッドのジーンズ/コンバースのスニーカー enoshi●シェイパー

「サーフボードは何でできているんだろう。反り具合、レール部分のラインはどう仕上げるのか」という好奇心から、サーフ歴1年でシェイプ工場に飛び込んだ、enoshi。Tシャツにデニムと一見シンプルな装いも、仕事人としてのこだわりから。

「真っ黒いシェイプルームが白く染まるほど、粉まみれになるのがサーフボード製作の現場です。材料となる四角い発泡フォームのアウトラインを立体的に削り出していく作業では、体の

サスクワァッチファブリックスのシャツ/ハーベスタ!ハビコルの“デニムニッカ”/大和屋の地下足袋 シガアキオ●庭師

 スタイリストを経て、40歳で一念発起して庭師の道を歩みだした、シガアキオ。彼の仕事服は、一般的な庭師とは少し異なる。その独自のスタイルは、修業時代に庭師の基礎として習った伝統服の目的や用途を発展させたものだ。

「職人の作業服として江戸時代から使われてきた足さばきの良い股引。それが昭和に入り、丈夫な乗馬ズボンに姿を変え、時代とともに庭師の衣装は進化を遂げてきました。変化することは、悪くないんじゃ

ノーウェイブ?

サードウェイブの次なるムーブメントって? フォースウェイブかと思いきや、そんなうねりは見あたりません。サードウェイブの荒波が落ち着いた、今のコーヒーシーンは、ことのほか穏やかで、海面は美しくスムースで、新しい波を待つにふさわしい状況です。つまり、ノーウェイブ? トレンドに流されない、新しいスタンダードが生まれそうなコーヒーまわりなのです。

今回のコーヒーの教科書はノーウェイブだけにテーマはブレン