キーワード

同時代

あまりにもヤバすぎて発禁状態? 衝撃の問題作、57年ぶりに復活!

日本を代表する小説家の一人として大江健三郎の名を挙げることに異論を差し挟む者はいないだろう。なにしろ日本人作家としては川端康成に続いてノーベル文学賞を受賞した人物なのだから。
 
受賞は1994年。理由は「詩的な想像力によって、現実と神話が密接に凝縮された想像世界を作り出し、読者の心に揺さぶりをかけるように現代人の苦境を浮き彫りにしている」から。しかしその前段に、猥雑な想像力によって禍々しい現実を

木彫り熊と共に生きたアイヌ彫刻家が、その目に映してきたもの。

 鮭をくわえた“木彫り熊”を見たことがない日本人は、ある年齢より上の世代にはいないのではないか。1960〜70年代の北海道ブームは、現在では信じられないほど高まって、阿寒湖のアイヌコタン(集落)が、まるで原宿の竹下通りのようにヒップな若者たちで埋め尽くされていたという。
 現在、札幌芸術の森美術館で回顧展が行われている彫刻家、藤戸竹喜は、木彫り熊の黎明期から、爆発的な人気を博し、衰退していく過程を

真面目と不真面目を行き来する、横断力にこそ男らしさは宿る。映画界の重鎮たちは、男である理由を教えてくれる。

 深作欣二監督は、言わずと知れた日本映画の巨匠。僕が学生時代にツテを頼って「学校へ映画の特別講義をしに来てくれないでしょうか?」と頼みに行ったら、2時間近くずっと巻きたばこを巻きながら無言でした。やけくそになって「俺は将来、自分の映画を作って映画監督になりたいんです!」と半泣きで訴えたら、「よし、わかった。俺が行くからには俺の映画を全部観とけ」と引き受けてくださった。そしたら、数日後、僕の安アパー

“同時代”を軸に組み合わせる欧州アンティークと工業デザイン。

 2000年に建てられた、3フロアから成るソリマチアキラさんの自宅兼仕事場。
「生活する場としてはもちろん、仕事のモチベーションにも影響するので、少しでも気持ちを豊かにする空間にしたくて」
 と、部屋には、ウッドを基調とした数々のアンティーク家具や雑貨が並ぶ。主に1930〜50年代のヨーロッパのものを「服を買ったり、好きな音楽を聴いたりする感覚で」20代の頃から収集してきた。その世界観は、ソリマチ