キーワード

パン屋

パリのフローリスト。

いまのパリを代表するフローリストといえば、〈ドゥボーリュウ〉のピエール・バンシュロウをおいてほかにいない。モードの登竜門として知られる、南仏の『イエール国際モードフェスティバル』でのインスタレーションや、パリのファッションウィークのショー展示会場でのデコレーションなど、〈ドゥボーリュウ〉に花を頼むのはいまやステータスと言っていい。そんなピエールの花を誌面で紹介したいと相談したところ、墓地でのインス

今村夏子『父と私の桜尾通り商店街』の私

名前:今村夏子『父と私の桜尾通り商店街』の私

症状:ありがとうございました。おいしくいただきました。
長年ここでレジの番をしているけれど、どちらも初めて耳にした言葉だった。

備考:平凡な日常、見慣れた風景が、小さなきっかけで転換し、変容し、運ばれていく。不器用な「私たち」の物語。書き下ろし含む全6編を収録。角川書店/1,400円。

浴室の音楽

こんな毎日でさえ
暮らしと呼ぶことが 
ようやく許されるようになり
あまり美しいとは言えないが
わたしはわたしの暮らしの肩を
やさしく抱き寄せ
何か良いところを見つけてやろうと
朝から晩までの時間をなぞってみる
目覚まし時計のいらない月曜の朝
カーテンの隙間から差し込む光
真昼間のバスタブで聞く音楽
運がいいと買えるパン屋
少しの仕事 少しの昼寝 
散歩ついでの一杯のお酒
そして
よくないことだと

COFFEEMAN Roasting & Planning Café (福岡/六本松)

店主の江口崇臣さんは、高い焙煎技術が世界からも注目される福岡の名店〈豆香洞コーヒー〉で腕を磨き独立。花屋、パン屋などが並ぶ市内の路地に店を構えた。ブレンドを中心とするメニューには「3.8」「6.4」など数字のみを記載。「これは浅煎り~深煎りの焙煎度を示す専門用語。少しの学びがコーヒーをもっと楽しくしてくれるはず」と、ドリップ中のコーヒーに光を当て、焙煎による色の違いも教えてくれるなど、解説も楽しい