キーワード

寿司屋

旨い寿司を追求するR&D型寿司店 〈鮨ノ蔵〉がなんかすごいらしい。

「札幌で寿司を食す」。なんて淫靡な響きだろう。これだけで丼飯がお代わりできるほどのキラーワードだ。今あなたは脳内でどんな店のどんな握りを妄想しただろう? 暖簾をくぐると「いらっしゃい!」の声に迎えられ、こぼれ落ちるほどのイクラに責められるプレーか、背筋の伸びるしつらえの中“厳選された”ピチピチの素材を五感で堪能するイメージだろうか。

そんな喜びでは満たされなくなった上級者にも、寿司屋のカウンター

一生、添い遂げる自信がない。

妻と一生、添い遂げる自信がありません。いつもすべての予定を嫁になるべく2週間前までには報告しなければならず、この日は飲みに行くとか、遅くなるとか、伝えないといけない。それは最悪いいとしても、先日、急に早く終わって予定外に飲みに行ったら大喧嘩になったんです。妻をどうしたらいいですか?(広告会社勤務/43歳/男)

何でも食べるのが健康のため。 朝からお腹いっぱい食べたいです。|前田敦子

 朝からやっているお寿司屋さんを探して、そこへ食べに行くのが好きです。特に好きなネタは貝類と光り物。朝からいくらでも食べられちゃいます。あんまりたくさん食べるから、周りの人たちに「大丈夫?」って心配されるくらい(笑)。
 普通の人が朝から食べないようなものを食べるのが好きです。お寿司に、焼き肉だっていけちゃいます。ラーメンやケーキも大丈夫。朝は何でも食べていいと思ってるんですね。むしろ朝から何でも

国民総レビュアー時代、“良いレストラン”はどこにある⁉

深夜0時過ぎ、新宿のイタリアンレストラン。「僕にとっては昼食の時間です」と切り出したのは音楽家の菊地成孔さん。メニューを真剣に悩んでいるのは初めての著書『生まれた時からアルデンテ』を出版したばかりの平野紗季子さん。2人は初対面。かねて、菊地さんの著書『スペインの宇宙食』のファンだったという平野さんの熱烈オファーで実現した真夜中の密会。行く末はいかに。