キーワード

寿司屋

朝から賑わう築地で飲める至極のシングルオリジン。『YAZAWA COFFEE ROASTERS』 ●東京/築地

 築地市場内で運搬業を25年続けた廣田賢一郎さんは、築地で朝からスペシャルティコーヒーが飲める場所をと、知人のお肉屋さんの裏口に店を開業。店は小さくとも姿勢は大真面目で、自宅の焙煎機で毎日ローストしている。店主が力を注ぐのは酸を心ゆくまで味わえる浅煎りのシングルオリジン。ただし市場の声をもとに様々な煎り加減を提供している。いつかは焙煎機のある店を持ちたいと廣田さんは語ったが、この面構えもまた味わい

感覚を最優先してつくった、現場主義のアトリエ。『FARMOON』

 茶楼、紹介制のプライベートレストラン、新たな料理を生み出すラボ、そして海外から招いたアーティストが滞在し創作活動を行うフードレジデンシー。料理家・船越雅代さんのキッチンは様々な顔を持つアトリエだ。

 賑わう哲学の道からも程近い住宅地。食材を手に入れるべく週に2回は通う大原へのアクセスもよく、ずっと暮らしている左京区で縁あって出会ったのは10年以上誰も住むことなく放置されていた築60年ほどの家。

【恋とサボテン、そして、時間。】日本とメキシコを結んだ深い愛の物語。

 うまいものを食う、というのは、恋愛に似ている。たとえば、とてもうまい寿司屋を予約し、その日が近づいて来るワクワク感、そして、緊張感、いざ、おまかせのコースが煌びやかに目の前に現れる時感じる、前戯、本番、ピロートークみたいな、ここはベッドの上かと錯覚するような流れ、支払いのときの、もっと払いたいというマゾッけ。いろいろひっくるめて恋だわー、なんて思うことはなかろうか? 私だけだろうか? 

 今回

旨い寿司を追求するR&D型寿司店 〈鮨ノ蔵〉がなんかすごいらしい。

「札幌で寿司を食す」。なんて淫靡な響きだろう。これだけで丼飯がお代わりできるほどのキラーワードだ。今あなたは脳内でどんな店のどんな握りを妄想しただろう? 暖簾をくぐると「いらっしゃい!」の声に迎えられ、こぼれ落ちるほどのイクラに責められるプレーか、背筋の伸びるしつらえの中“厳選された”ピチピチの素材を五感で堪能するイメージだろうか。

そんな喜びでは満たされなくなった上級者にも、寿司屋のカウンター