キーワード

構造体

相模原の住宅 | 野沢正光

川県郊外の住宅地で、特に目立つことなく、むしろ紛れ込むように野沢正光邸は立っている。48歳の時に造って27年。一人娘は独立し、通訳や翻訳の仕事をする妻との2人暮らしだ。建物は天井が低く開口部が大きい鉄骨造。センダンの大木を囲むように配した2つの棟と、それをつなぐ階段室から成っている。吉村順三や大高正人に学び、清家清の抑えたプロポーションを愛する野沢らしい、とてもささやかな住宅だ。
 
敷地には坪庭

DOMIO PARK

 スチームパンクな工場跡に、緑の人工芝が広がるウォーターフロント? コントラスト鮮やかなこの公園こそ、ブルックリンで今、話題沸騰の〈ドミノ・パーク〉だ。
 ドミノという名前にピンとくる人もいるだろう。ここは創業1856年の砂糖メーカー、ドミノ・シュガーの工場だった場所。1870年にはここで精製する砂糖が全米消費量の半分を占めた、世界最大規模の砂糖工場だ。2004年に操業停止するも、その象徴性から0

ものの個性を生かして飾る、壁収納。

 大阪のセレクトショップ〈dieci〉のオーナー田丸祥一さんと堀あづささん夫妻の自宅は、1970年代竣工のヴィンテージマンション。そのリビングでひときわ存在感を放つのは、壁一面に設えられたオープンキャビネットだ。壁と棚にまつわるこんなエピソードがある。
 今からおよそ20年ほど前、海外の雑誌で目にした、壁に棚板だけが付いたローズウッドの飾り棚。一目惚れした2人は、同じものを作ろうと決意。しかし、棚

Uragano|ウラガノ (1992)

イタリア語で「嵐」を意味する名前がついたアームチェア。デパドヴァが有名デザイナーを招いて始めたシリーズ「エ・デパドヴァ」の一作として、巨匠ヴィコ・マジストレッティが70歳を過ぎてデザインした。無垢のビーチ材を構造体に、座と肘掛けは特徴的な籐細工が施され、クラシックな竹製アームチェアの現代的な解釈となっている。なおオプションで専用クッションも用意されている。

Bamboo Chair|バンブーチェア (1937)

竹材研究の成果を踏まえ、三越家具設計室に在籍した城所右文次がデザイン。山口県萩市の孟宗竹を使用したキャンティレバーは、フレーム部分を10層以上積層した構造体とすることにより実現。座も3層構造で軽さと丈夫さを兼ね備える。何よりも竹の弾性を生かした、適度にスプリングが利いた座り心地が魅力的。2011年、三越環境デザイン発足100周年を記念して復刻された。

Wooden Block House

 素材の性質や造りやすさといった理由から、木造の建物は真っすぐな柱と平らな壁の、単純構成になることが多い。しかしこの家にある壁は薄い板を編み込んだような曲面構成で、普段見慣れた木の壁とはずいぶん違った姿をしている。
 1〜2階を貫く吹き抜けに2枚。存在感を示す間仕切りは、日本の伝統建築の壁や天井の仕上げとして馴染みのある、網代のような姿をしている。この網代のパターンは、レンズ状の膨らみのある畳半分