キーワード

積極的

【最強の朝食を。】日本人男性でたった一人UFCに挑戦する格闘家・佐藤天のモーニングルーティーン。

アメリカの総合格闘技団体UFCで、現在日本人男性でたった一人挑戦を続ける格闘家・佐藤天(29歳)。
今年の6月28日(日本時間)に開催された「UFCファイトナイト・ラスベガス 4」のウェルター級マッチでアメリカ人のジェイソン・ウィット選手を第一ラウンド48秒でTKO勝ち。そんな佐藤のことを青木真也、那須川天心など日本の名だたる格闘家たちがエールを送っている。
今回のBRUTUS.jp特別記事では、

健康には気を使って、体に良いものをちょこちょこ食べています。|立川志らく ●落語家

『グッとラック!』のMCを務めるようになってから、これまでの夜型の生活から一変しました。毎朝5時に起きて歯を磨き、青汁を一杯。身支度を整えて7時ちょっと前に楽屋入り。スタッフと簡単な打ち合わせを済ませてから朝食をとります。午前中はしゃべり通しなので、朝のエネルギー補給は大事です。テレビ局が毎日おにぎり弁当(月に2回はパン)を用意してくれるのですが、それだけだと栄養が偏るので家から色々と持参します。

(噂 その5)かつて造船で栄えた街がアートの町へ再生している。

 大阪湾につながる木津川河口沿い、造船業で栄えてきた北加賀屋。ここに約23万㎡もの土地を持つ不動産会社、千島土地が「クリエイティブ・ビレッジ構想」を掲げ、積極的に空き物件の再活用を進めている。巨大な造船所跡地を転用した〈クリエイティブセンター大阪〉を皮切りに、美術家・森村泰昌の個人美術館、ギャラリー、美術倉庫、クラブなどが続々。3月末にはシェアアトリエ中心の複合施設〈SSK〉もオープンと、開発はま

廣田 碧 ●グラフィックデザイナー、看板屋|商いの枠組みを超えて印象に残る看板を作る。

 堺市にある実家の看板屋〈看太郎〉に所属しながら、グラフィックデザインや看板制作、空間デザインなどを手がける廣田碧。ロゴやツールをデザインするだけではなく、味のある手書きの暖簾や、電飾サインなど、“モノ”として訴求力のある立体物に仕上げ、施工まで行う。「最近はインクジェットやカッティングシートで仕上げることがほとんどで、“絵描きさん”“字書きさん”と呼ばれた職人たちの手仕事や、ネオンなどの加工が衰

このまま結婚していいの?

1年半前、9歳年上の彼女ができました。ラブラブだし年齢差も関係ないと思っていますが、36歳の彼女に、子供が3人は欲しいからすぐに結婚したいと言われ焦っています。彼女は好きですが、結婚も子供も自分にはまだ全く現実味がないのに、急にリミットとかって。このまま急いで結婚して大丈夫だと思いますか?(デザイナー/27歳/男)

働き方を変えるってどうすればいいの? トップダウンではなく、現場が動かし、発信する。 会社を成長させ、働く人も幸せに。 若手中心のグリーン・フラッグが導く、組織風土改革とは。

働き方改革の推進が広まる中、東急不動産では有志が集まって主体的に改革を進めている。制度の整備や、設備を充実させることにとどまらず、従業員一人一人が自分らしく働ける環境を目指して発足した組織風土改革〈GREEN FLAG PROJECT〉。プロジェクトの中心となっている参加メンバーに話を聞いた。

【3月22日まで開催】“迎える”だけじゃない、ものづくりの祭典。

「シンガポールは人々が行き交うアジア最大のハブに成長している国際都市ですし、今回は芸術アカデミーのキャンパス内で開催するので、ものづくりの未来を担う学生との交流も楽しみなんです」
 そう語るのは「燕三条 工場の祭典」スタート以来実行委員会事務局を務める、鎚起銅器の老舗〈玉川堂〉の山田立氏である。
「燕三条 工場の祭典」は、金属加工をはじめとするものづくりの現場を紹介するイベント。今や燕三条の秋の風

【2月27日発売】ポール・オースターによる新作長編小説『サンセット・パーク』を翻訳家・柴田元幸が語る。

『鍵のかかった部屋』や『ムーン・パレス』などで知られ、1980年代以降のアメリカ現代文学を牽引する小説家、ポール・オースター。2010年に刊行された『サンセット・パーク』の邦訳版が、この2月、晴れて発売される。大不況に見舞われた2008年のアメリカを舞台に、ブルックリンの廃屋に暮らし、未来を模索する4人の若者の葛藤と再生を描いた物語だ。

 注目すべきは、章ごとに視点が入れ替わる構成。「作者が60