キーワード

リモワ

「パッキングは、いつものライフスタイルをそのまま収納。」 相澤陽介〈White Mountaineering〉デザイナー

 自身のブランドのほかに、海外ブランドとのコラボも手がける相澤陽介さん。最近はイタリアの〈ラルディーニ〉との仕事のため出張の機会が増加。昨年の海外出張は、自己最多の25回を数えた。彼のスーツケースは、ツアコンをしていた友人の父から譲り受けた超年代物の〈リモワ〉。

「おそらく30年以上経っていますが、すごく丈夫で、武骨なデザインも好きですね」と話す相澤さんのスーツケースは、片側が靴で埋まる。

アコギとエレキがセッション?

アコースティックギターとエレキギターを兼ねた革命的な一本が〈フェンダー〉から登場。モッドノブやヴォイスセレクターを切り替えるだけの簡単な操作で音色を自在にブレンドし新しいサウンドを作ることが可能だ。伝統的なテレキャスターシェイプにコンター加工を施したボディはアコースティックの定番、マホガニー素材を使用。豊富な5色展開。ギター270,000円(フェンダー/フェンダーミュージック☎0120・1946・

創業120周年のリモワが、オフ-ホワイトとのコラボモデルをお披露目!

 今年で創業120周年を迎えたリモワが、ブランドのロゴやスーツケースのデザインを刷新。さらに、今回、ヴァージル・アブロー率いるイタリアのストリートウェアブランド、オフ−ホワイトとのコラボレーションモデルを発表。一般に先駆けたお披露目パーティが行われました。
 スーツケースといえば、中身は他人に見られたくない人がほとんど。にもかかわらず、今回発表されたコラボモデルは、透明のポリカーボネート製。ほかの

祝! 日本上陸35周年。歴代モデルとともに、リモワの歩みを振り返った夜。

 堅牢でありながら、デザイン性にも優れたラゲッジケースとして、ファッション業界にもファンの多いリモワ。このたび日本上陸35周年を迎え、それを記念するパーティが盛大に開催されました。
 会場は4つのエリアに分かれ、ゲストが最初に目にしたのが、大画面に映し出された映像。リモワのシンボルデザインとしてラゲッジケースに施された“リブ”が、伝説の航空機ユンカースの外装に由来することを紹介したもので、飛び立っ