キーワード

クリエイション

未知への好奇心、空想へのときめきを忘れずに…。

兄の藤井健一郎氏、弟の輝彦氏を代表として、福岡を中心に活動をする〈krank marcello〉。2002年にアパレルと雑貨を扱う〈marcello〉を、04年に家具店〈krank〉を設立し、その店舗を舞台に独自の世界を紡ぎ出してきた。自然や草花、光や風の存在を感じてほしい。krank marcelloの創作のすべてには、そうしたコンセプトがひそかに織り込まれている。

今回の展覧会タイトルは『ぼ

スタースタッズ10周年。日本限定のカプセルコレクションが登場!

 ジミー チュウのアイコンとして知られる星の形をしたスタッズ、通称スタースタッズが、今年でデビュー10周年。これを記念した日本限定のカプセルコレクションが発売され、寺田倉庫でお披露目パーティが開催されました。
 シューズ、バッグ、ウォレット、キーホルダーなどからなるカプセルコレクションは、基本的に6色のスタースタッズと4色のクリスタルスターがあしらわれた10周年にふさわしい特別なもの。東京の街並み

ジェームス・ボンドも愛用!

ジェームズ・ボンドも愛用!

爽やかなブルーがまぶしく、夏の日差しによく映えるスイムショーツ。かっちりしたテーラード仕立てのクラシカルなデザインで、リゾートではもちろん街でも着られるのが嬉しい。サイドにあしらわれたアジャスターがアクセント。カラーバリエーションが豊富に揃う。29,000円(オールバー・ブラウン/ヴァルカナイズ・ロンドン☎03・5464・5255)

連載の書籍化を記念!中村ヒロキが愛するアーカイブを展示。

 雑誌『ポパイ』で2012年6月号から18年5月号まで、6年にわたり読者を魅了し続けてきた人気連載「My Archive」が書籍化。発刊を記念する同タイトルの展覧会が開催され、オープニングパーティに多くの人たちが足を運びました。
 この連載は〈visvim〉クリエイティブ・ディレクターの中村ヒロキさんが、ものづくりを行う上で自らにインスピレーションを与えてくれる古今東西のヴィンテージアイテムを紹介

DIESEL GINZA RENEWAL OPENING RECEPTION & PARTY

ディーゼル ギンザがリニューアルオープン! 前夜には内覧会とパーティが行われ、ゲストは最新コンセプトに彩られた店内を一足早く楽しむことができました。
 1階と2階はデニムやシューズなどディーゼルのアイテムを、3階ではコンテンポラリーラインのディーゼル ブラック ゴールドとホームコレクションのディーゼルリビングを扱う3フロア構成です。
 中でも1階エントランスすぐの場所には、国内初となるゲート状の大

若木信吾

「僕がお金の話? それは若い写真家の夢を奪わないように気をつけないとな(笑)」と、苦笑いの若木信吾さん。何をご謙遜。映画製作や出版社設立、書店経営など、写真家として第一線で活躍する傍ら新しいプロジェクトを立ち上げてきた若木さんは、クリエイターの憧れの的だ。
 2010年、故郷の浜松に開店した〈BOOKS AND PRINTS〉は、書店と喫茶、イベントスペースが融合した空間。普通の書店ではお目にかか

MACARONS GOURMANDS

 パリで、エクレアなど、1種類のパティスリーのみを扱うモノ・パティスリー店がいまでこそ流行っているが、17年前からマカロンをベースにクリエイションを展開しているのが、マカロン・グルマンだ。
 店内にはバニラなどのベーシックなものから、今月のマカロン、季節のマカロンが9種類と、常に新しいオリジナルテイストのマカロンが並ぶ。クリームを挟む上下の生地に違う味を使ったり、クリームを2種類挟むなど、絶妙な味

サルヴァトーレ フェラガモが京都とフィレンツェの親交を深める、懸け橋となりました。

 京都とイタリア・フィレンツェが今年、姉妹都市提携50周年を迎えました。これを記念して、フィレンツェを本拠地とする〈サルヴァトーレ フェラガモ〉がイベントを開催。二条城の二の丸御殿をバックに行われた記者会見には、フェラガモ・グループのフェルッチオ・フェラガモ社長はもちろん、駐日イタリア大使や京都市長、フィレンツェ市長なども出席。両都市にとって喜ばしく、また重要な一日となりました。
 二の丸御殿台所