キーワード

お祭り

『のど自慢』に出たら、鐘三つが鳴ったんですよ。|里見浩太朗

中学・高校時代も富士宮に住んでいて、中学からはテニスを、高校2年から音楽を始めました。西部劇洋画が入ってきた頃で、日本映画はというと時代劇です。チャンバラには興味がありました。小学校4年生の頃に、疎開先の村の小さな神社でお祭りがあって、お芝居をやっていたんです。森の石松の立ち回りを見て、「チャンバラってかっこいいな〜」って。家に帰ったら寝間着の着物の裾をキュッと固めて、腰に物差しを差して、刀を振

学校のパロディで遊ぶ。|野田秀樹 × 近藤良平 × 木下裕一

野田秀樹の発案により発足した、東京都の文化プログラム『東京キャラバン』。“文化混流”することで新しい表現が生まれるというコンセプトのもと、日本各地でパフォーマンスを展開している。今回はそれに参加する近藤良平、木ノ下裕一と「夢の廃校活用法」を語り合う。

野田秀樹 『東京キャラバン』は、廃校に限らずとも小学校を会場に借りられると雨天の場合でもいいよね、という話はよくしていたんですよ。芝居をやっている

誰にも負けないってほどの、河童になりました。|伊東四朗

 東京者というだけでいじめの対象になるんですけどね、ある時、掛川で3年に1回だかの大祭りがあって。私は自称お祭り男で大活躍したんです、太鼓を叩いて踊って。そしたら一気に認めてくれましたよ。お祭りって大したもんだなと。あと、泳げなくて馬鹿にされましてね。東京の学校にもプールはありましたけど、火災の時の用水池になっていて泳ぐなんてもんじゃなくて。向こうの連中は川はあるし、みんな泳げる。悔しくて悔しくて

甚目寺の振り太鼓

 徳川家康は名古屋城を築城する際、鬼門の方角にある甚目寺観音、笠寺観音、龍泉寺観音、荒子観音の4つの寺院を鎮護として定め、城を守らせました。この4寺院は「尾張四観音」と呼ばれ、毎年節分の時期には、恵方に当たる寺院では、特に盛大なお祭りが執り行われます。また、恵方の寺へ参拝すると特に大きな御利益があるとされ、その年は多くの参拝客で賑わいます。各境内では、それぞれの観音にちなんだ玩具も売られました。

宗田理『ぼくらの七日間戦争』の瀬川卓蔵

名前:宗田理『ぼくらの七日間戦争』の瀬川卓蔵

病状:あのとき、柿沼のおやじさんがかばんから手を離して、ロビーの方を見た時間は三秒か四秒だ。その間に、わしは隣の電話機のところにいて、同じかばんとすりかえたんだ。

備考:あのとき、柿沼のおやじさんがかばんから手を離して、ロビーの方を見た時間は三秒か四秒だ。その間に、わしは隣の電話機のところにいて、同じかばんとすりかえたんだ。

美江寺の俵鈴

国の重要文化財にも指定される乾漆十一面観音立像を本尊とする岐阜市の美江寺。この地域はかつて養蚕が盛んで、あらゆる生き物を救うとされる観音菩薩の信仰が広く浸透していました。戦後、養蚕は廃れてしまいましたが、それでも平成20(2008)年までは、毎年3月の第1日曜日には、『お蚕祭』と呼ばれる祭事が行われ、猩々を乗せた山車が巡幸していました。猩々とは、赤い顔、赤い髪をした猿のような妖怪で、赤は厄除けの効

御迎人形

 1000年以上の歴史を持つ、浪速の象徴であるお祭り『天神祭』。祭りの様子は、豪華ゲストがさまざまな見どころから生中継する力の入ったテレビ特番になるほど。そんな浪速っ子には欠かせない風物詩のクライマックスが、大阪天満宮から御神霊が船で御旅所へ向かう「船渡御」。かつて、この船渡御を迎えるために各町が思い思いに飾りつけた船で先導していました。先導船には、「御迎人形」と呼ばれる浄瑠璃や歌舞伎の登場人物を

テーマ〈続々々・フェスティバル〉

宮沢 インドに行った人から聞いたんだけど、宗教儀式で、みんなで水に映る月を見て口を開けて待っているんだって。すると一滴ずつなんか薬のようなものを垂らしてくれるお祭りがあったらしい。
やつい それはもう、ドラッグ的なものというか(笑)。
宮沢 北海道にだって自生してる。
やつい 勝手に生えているから、それを焼く時にみんなトロンとしちゃうっていう話を聞きました。
宮沢 最高にいい仕事だね(笑)。
やつ