キーワード

ナイキ

進化する「スペシャルドリンク」。

箱根駅伝の仕事が終わると、なんだか1年が終わったような気がする。新年が始まって1週間くらいしか経っていないのに、「区切り感」満載なのである。
 
しかし、2019年はかつて箱根を走ったスターたちが東京オリンピックのマラソンに向けて激しい争いを繰り広げそうで、箱根ロスにうちひしがれる暇もなく、いそがしい日々が続きそう。9月15日は代表選考レース『マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)』が行われ

黒一色のモードな足元。

黒一色のモードな足元。

春夏コレクションの定番となった〈エルメス〉のエスパドリーユから、シックなオールブラックが登場。今シーズンは、肌にしっとりと馴染む柔らかいナッパレザーを使った、素足でも快適な履き心地。レザーソールにジュート素材を巻きつけて美しく仕上げ、細部まで丁寧な職人技が光る一足。86,000円(エルメス/エルメスジャポン☎03・3569・3300)

70年代のサーフ文化をリアルに体現する。|トロピカル松村

「僕が好きなのは1976〜82年のサーフカルチャー」と、熱く語るトロピカル松村さん。中学校2年生の時に観たサーフ映画『ビッグ・ウェンズデー』(1978年公開)の主人公のファッションにヤラれて以来、サーフヴィンテージの虜になった。
「赤いネルシャツと薄汚れたブルージーンズ、劇中音楽などすべてが格好よくて。“自分はこのスタイルでサーフィンやりたい!”と思い立ちました。母親に紹介してもらった50代のオジ

自分で組み立てる時計。

英国のデザイン会社〈インストゥルメント〉が手がけた腕時計。自ら組み立てるキット式になった面白いパッケージングが特徴。そんな遊び心のある見た目でも、中身は本格派! 高性能なスイス製のムーブメントと、腕に馴染みのいいスムースレザーとのセットで販売される。キット価格35,000円(インストゥルメント/フィート☎03・3719・1550)

いいね、懐かしの「イカ帽」。

通称“イカ帽”と呼ばれる先の尖った毛糸の帽子。昭和生まれは幼少期、こんな帽子を被っていたはず。重量感のあるザラリとした質感としっかりとした編み地。〈BOGEN〉は「スキーをもっと広めたい」という思いから生まれたブランド。懐かしくも今の気分のスキー帽が揃う。左から/5,500円、5,000円、8,300円(BOGEN http://www.bogen.jp)

豊富な収納が揃うバッグ。

サンタモニカを拠点に活動するデザイナーのアレックス・ドレイヤーが手がけるバッグブランド〈レックスドレイ〉。彼自身の旅の経験を基に作られたプロダクトは、収納力と機能性が抜群。新作は、豊富なポケットやコンパートメントが付属している。ナイロン製。H40.6×W50.8×D19㎝。74,000円(レックスドレイ/ツナカンパニー☎06・6251・8008)

アメリカ以外に初出店!限定ショップのパーティにオシャレな人が続々と集結。

 えっ? パーティの招待状に記載された建物に辿り着きましたが、そこにあるのはインポートの日用品を扱うデリ。正確にはデリをイメージしたディスプレイ。中を見渡すと、奥に大勢のゲストで盛り上がるショップを発見することができました。
 そこはボストン発の話題のセレクトショップ〈Bodega〉と〈And A〉のコラボショップ〈Bodega And A〉。約5ヵ月間のリミテッドコンセプトショップです。オリジナ

私たちの勝手なるマイルール。

デニムスーツの場合、すべてのパーツ(ジャケット、ベスト、パンツ)の色落ち具合を統一するために、同時に洗うようにしています。洗濯機、乾燥機はコインランドリーを使用。洗濯は2〜3回(洗剤抜きでね)、脱水が終わったらジャケット、ベストは濡れたままで着用して、自分の型をつける。そして乾燥機で10分(ガスの乾燥機だよ!)。生乾きの状態でもう一度着て、腕あたりのシワ感を確認してハンガーで自然乾燥。パンツは同じ

スニーカー

●名前/佐藤オオキ

●職業、年齢/デザイナー、36歳

●きっかけ/《NIKE AIR WOVEN》。製造工程で生まれる端材を利用し、“woven(編み込み)”技術を駆使した名作。「廃材利用という背景が好きで学生時代に夢中になった」。

●プロダクト萌え/構造、気孔、素材など最新技術が凝縮しプロダクトとしてかなり面白い。「《PUMA by MIHARAYASUHIROMY−71》は角度によって柄

都会で冴えるダウンベスト。

ブランド内で“シティーダウン”と呼ばれている〈スティーブン アラン〉のダウンベスト。ジャケットのインナーとしても使える、ボリュームを抑えた軽い仕上がり。ノーカラーなのでシャツとのレイヤードも楽しめます。23,100円*ネックウォーマーとのセット価格(スティーブン アラン/スティーブン アラン トーキョー☎03・5428・4747)