キーワード

オーストラリア

穏やかな風が吹くパースの街を歩く。

都市に隣接する公園としては世界最大級、ニューヨークのセントラルパークよりも広いキングスパークは、パース市民の憩いの場。スワン川越しに街全体を眺めることができる。西オーストラリア各地域のワイルドフラワーが植えられ、いわば植物のショーケースに。必然、ワライカワセミやマグパイなど、多くの野鳥が暮らす楽園にもなっている。

大都市の近郊に広がる、肥沃な大地の恵み。

 大地の変化、という意味において旅の拠点たるパースは象徴的な都市だ。スワン川とその支流であるカニング川が合流する地点であり、街全体を見下ろすように丘がある。冬には雨が降り空気を潤すために、その丘には自然の森があり、都市に隣接する公園・キングスパークとして残されている。400ヘクタールもの敷地内には、およそ3000もの西オーストラリアの固有種が植えられ、ボタニカルガーデンとして整備され、大地の多様性

延々と続く大地が、ビビッドな変化を見せた。

 ただ土地をならして固めただけ、といった趣の小さな空港に着陸し、カルバリー国立公園へと向かう。およそ1830㎢にも及ぶ広大な国立公園は、たった4人のパークレンジャーによって管理されているという。そのうちの2人、ラッセルとスティーヴンに話を聞くことができた。オーストラリアのブッシュと聞くと昨年の大規模な火災を思い浮かべてしまうが、幸いなことに西オーストラリアではそれほどの被害はなかったという。ラッセ