キーワード

スマホ

あのブランケットがハットに!

アメリカを代表する老舗ブランド〈ペンドルトン〉の、ブランケットに用いる伝統的な柄を使用して作られた〈サカイ〉のハット。春夏シーズンのランウェイで使用されたコーデュロイ生地をそのままハットに落としこんだ。ブリム部分に付けられたダブルネームのタグがアクセントになっている。全3色展開。各28,000円(サカイ☎03・6418・5977)

オフィス街に憩いをもたらす洋菓子店。|田村町 木村屋

 都営地下鉄内幸町駅のA2出口の目の前。新橋駅からなら外堀通りを真っすぐ虎ノ門方面へ4分ほど歩くと、慎ましいガラス張りの間口の〈田村町 木村屋〉がある。窓には、金文字で「創業明治33年」とある。入口横には昔ながらのタバコ屋のような小窓があり、ショーケースに焼き菓子が並んでいる。スマホ片手に地下鉄を駆け上がってきたサラリーマンが店先でマドレーヌをささっと買い、駆け足で信号を渡る。なるほど、こういう心

テーマ〈続々・宴会/出遅れる〉

やつい 宴会で名刺をもらっても100%連絡しないんですよ。HPのアドレスこれなんでって言われても、そんな面倒くさいことしない。LINEにするとか、もういいから手っ取り早くスマホを見せてくれって思いますよね。
宮沢 名刺をデータ化してくれるサービスがあるけど、どうやってるか知ってる? 名刺の写真を送ると、その会社の人が手入力してる。だからなかなか来ないんだよ。
やつい そんな原始的な。
宮沢 情報バ

SPIRITLAND

 音楽は、今やあまりに気軽な存在。スマホ一台あれば、プレイリストをどこへでも持ち歩けるし、Wi−Fi環境で好きな楽曲にいくらでもアクセスできる。でもその利便性が、逆に音楽の世界に没頭するための集中力を奪っているのではないか。そんな状況を憂えたサウンドエンジニアのポール・ノーブル氏。音楽を聴く時間をもう一度特別な体験にしたいと、音にこだわったカフェバー〈スピリットランド〉を作り上げたのは、2年前のこ

谷保第四公園|三浦祐太朗

「幼い頃、遊んでいた公園です。噴水と流れる小川で夏はびしょ濡れになって遊んでいました。ゴリラのオブジェがあり、昔からお気に入りです」。大人になり実家へ帰省した際、ふと立ち寄ったことがきっかけで再び訪れるように。目的は主に、歌詞のアイデアが欲しい時。「この公園は困った時にそっとヒントを教えてくれる場所。ちょうど2頭のゴリラを見渡せる小川を挟んだベンチに座って、思いついたフレーズを《ほぼ日手帳》に記し

生まれ変わった大定番。

生まれ変わった大定番。

カシオの〈Gショック〉はブランド誕生35周年! 原点ともいえるスクエアフォルムの《GMW−B5000》をベースに、〈カラー〉とのコラボで時計をリリース。メタリックゴールドのボディにブラックの樹脂バンド、さらに反転液晶と、異素材やカラーリングのコントラストが特徴的だ。70,000円(Gショック バイ カラー/カラー南青山☎03・5464・5471)

ちょっと長いけど、ブルータス読者への開運の手紙。| ゲッターズ飯田

占いはどこか信用できないと思っている方にお伝えしたいのが、「占いはデータである」ということ。すでにクラシックの譜面のような完成された理論と教科書があり、占い師はそれを演奏する役割。勉強すれば誰でもできるようになるものです。譜面のアレンジは占い師によって異なりますし、経験を積んだ人ほど精度も上がります。
「占う」の語源は「試す」という意味です。「占」に屋根がつくと「店」という漢字になりますよね。店に

世界一稼ぐミュージシャンの新たなる第一歩は「脱EDM」。

ド派手で機能的なダンス・ミュージック「EDM」が流行して早10年。YouTubeと、スマホの普及で音楽が手軽でパーソナルな存在になったことと反比例するように、巨大なセットやレーザー光線が飛び交う数万人規模の「フェス」が人気を集めるように。世界中で名の知れたトップDJの争奪戦は激化しました。その代表格がスコットランド出身のカルヴィン・ハリス、現在33歳。2014年の推定年収が約80億円の彼も、06年