キーワード

中央区

SATURDAYS CHOCOLATEでチョコの甘い香りに包まれる。

札幌発ブランドのチョコレート専門ショップ&カフェ。仕入れから成形まで、すべての製造工程を一貫して行うビーン・トゥ・バーは、小規模・少量生産で手作りが売り。原料はカカオ豆とキビ砂糖のみで、豆はブレンドせず同一地域のものを使用するため、本来の風味をより強く楽しめる。甘い香り漂う店内では製造過程を窓越しに見学でき、試食も各種用意。またオリジナルチョコレートを使ったドリンクやスイーツも提供し、イートインや

未知への好奇心、空想へのときめきを忘れずに…。

兄の藤井健一郎氏、弟の輝彦氏を代表として、福岡を中心に活動をする〈krank marcello〉。2002年にアパレルと雑貨を扱う〈marcello〉を、04年に家具店〈krank〉を設立し、その店舗を舞台に独自の世界を紡ぎ出してきた。自然や草花、光や風の存在を感じてほしい。krank marcelloの創作のすべてには、そうしたコンセプトがひそかに織り込まれている。

今回の展覧会タイトルは『ぼ

純喫茶アメリカン|作原文子

 大阪で家具屋を営む友人に教えられ、初めて訪れた時の衝撃は忘れられません。創業1946年の老舗で、吹き抜けの階段中央に絢爛たるシャンデリアがドーンと飾られ、床は幾何学な絨毯張り。店内はネオ・クラシック調というか、当時は最先端かつ最高級だったのだと思わせる圧倒的なインテリア。定番の喫茶メニューが揃うのですが、トーストからはみ出んばかりの肉厚ビーフカツを挟んだビーフカツサンド(1,420円)はかなりの

伊吹珈琲店|土井善晴

 黒門市場の仕入れの時にいつも立ち寄っていたのが伊吹さん。東京に移って20年になりますが、今でも黒門に行けばここに行くのが楽しみ。私は大のフランス好きですが、ずっと前から人に「大阪にパリがあるんや」と言ってました。ミナミの盛り場にあるせいか、大抵は市場や周辺で働く常連さん、中には怪しげな人もいて、人間味あふれているのが、パリの古いカフェみたい。コーヒーも同様に苦味の効いた「しっかり旨口」。普段はブ

喫茶YOU|片岡愛之助

〈喫茶YOU〉を推薦するのはありきたりかなと躊躇したほど、諸先輩からも代々愛されている歌舞伎関係者御用達の喫茶店です。歌舞伎座と共にあると言っても過言ではないようなこの喫茶店は、楽屋への出前はもちろん、舞台の合間の休憩にも重宝されています。僕も、子役時代に先生に連れていってもらってから20年以上は通い続けていることになりますね。昔は紅茶しか飲めなかったのですが、現場で温かいコーヒーをいただくように