キーワード

作品集

どうしてみんなグレン・グールド好き?

「グールドって難しくて、迂闊に好きって言っちゃうと余計なものがいろいろ付いてくるんですよ、スノッブとかオシャレとかね」

 グールドは好きですかという直球の質問に、原摩利彦はおかしそうに、でもちょっと困ったような顔で答えた。たしかにグールドという記号はある時期イケメン男子のアクセサリーのようだったし、一般名詞化した「グールド好き」は原のような音楽家ならなおのこと、口にしづらいに違いない。それでも原

マウンティング女子はダメ?

飲んでいておいしい店の話になると、寿司ならこっちの方が最高だとか、カレー好きでここに行ってないなんてあり得ないとか、相手が話題にしてくる店にかぶせるように“いい店マウンティング”
をしてしまいます。悪気はないんですが、翌朝ぼんやり思い出して落ち込むというか。どうしたら嫌みにならずにすみますか?(美容系/42歳/女)

別れた人とうまくやれる?

7年付き合った同性のパートナーと、互いの浮気が原因で別れました。とはいえ、金銭的に今すぐ同棲を解消するのも難しく、仕事での絡みも多い。これからも仕事は一緒にと話していますが、クライアントとの打ち合わせでわざと人を蔑むような嫌みな発言をするので、心が折れそうです。ここは耐えるしかないですか?(バイヤー/38歳/女)

年上を本気にさせたい。

18歳上の男性に恋しています。同じコミュニティで出会って5年。昨年夏からご飯に誘われたりして体の関係があります。私も最初は遊びと思っていたのですが、周りの年の近い男の子と比べ仕事もバリバリやっていて尊敬できるし最近本気で好きになってしまいました。どうしたら相手にも本気になってもらえますか?(大学生/23歳/女)

海外からのゲスト。

春休みにドイツのフランクフルトから友人の友達夫妻が遊びに来るらしく、東京を案内することになりました。沖縄に行くみたいで、東京滞在は1日しかないらしく、初めてでこれが東京だというのを見たいとのこと。彼らをどこに連れていくか、何を体験してもらうか悩んでいます。ここ、というオススメはありますか?(美容関係/36歳/女)

素敵に暮らせない。

誰かのために凝った料理をするのは大好きですが、普段は独り身で、ゆでた蕎麦にネギすら切るのも面倒です。恥ずかしながら休日は一日中部屋着で、チンしたイモにバターを塗って夕食にするような暮らし。自分一人だとモチベーションも湧きません。素敵に暮らしたい気持ちを手に入れるにはどうしたらいいでしょう。(派遣事務/49歳/女)

【〜3月1日】「a girl 3」 彫刻家・菅原玄奨が見せる「曖昧な実体」とは?

「“実在しているのに、実在していない”。東京の街で過ごしていると、そんな違和感を覚えることがある」と話すのは、東京都出身の彫刻家・菅原玄奨。現在、初の作品集『GENSHO SUGAHARA '18, '19』の発表を記念した新作「a girl 3」を、SHIBUYA TSUTAYA 7Fにて展示中だ。
 菅原はこれまで、めまぐるしく変転する現代に感じてきた、実在の無機質さや曖昧さを、塑造彫刻で具現

つい口走るセクハラ。

部下を早く帰してあげたくて「嫁入り前の娘をこんなに長く働かせたくないんだよ〜」とか、セクハラを気にしすぎるあまりに笑えない一言をつい口走ってしまいます。悪気はないんですが、空気が凍る。すぐにハッとして「お前頑張れ」とかごまかすと、余計に変な空気になるし。そんな時、どうするのが正解ですか?(会社役員/59歳/男)