キーワード

ブログ

田んぼを見下ろす、小さな家。

家は、小さい家がいいと最初から決めていた。建坪約15坪だから、都心の家なら小さくはないが、ここは鹿児島の田園地帯。敷地はその10倍以上ある。田んぼを見下ろすのどかな環境の中にあっては、ことさら小さく、可愛らしく見える。
 
加賀江広宣さんがこの家に住み始めたのは6年ほど前。きっかけは、以前、福岡に住んでいた頃、デパートの展示場で〈シンケン〉のモデルルームに出会ったことだ。木造の柱も梁も現しで、面積

徳川ミュージアム館長が語る 新しい関係を育てた、ファンとミュージアム。

関東大震災の時に被災した刀剣は、それまで簡素な木の箱に納めて、収蔵庫に保管していました。被災刀剣でも、二代光圀公所用の《太刀 銘 國宗》のように、水戸黄門のお話で名前が知られた刀以外、ほとんど展示は行っていません。《刀 燭台切光忠》(以下《燭台切光忠》)が現存することはもちろん知っていたし、研究者の方にお見せすることはありましたが、それを展示する対象として考えたことはありませんでした。
 
そんな

国民総レビュアー時代、“良いレストラン”はどこにある⁉

深夜0時過ぎ、新宿のイタリアンレストラン。「僕にとっては昼食の時間です」と切り出したのは音楽家の菊地成孔さん。メニューを真剣に悩んでいるのは初めての著書『生まれた時からアルデンテ』を出版したばかりの平野紗季子さん。2人は初対面。かねて、菊地さんの著書『スペインの宇宙食』のファンだったという平野さんの熱烈オファーで実現した真夜中の密会。行く末はいかに。

アイスマン福留/コンビニアイス評論家

○掲載号/765号「あんこ好き。」
○きっかけ/なんとなく好きだったコンビニアイス。ある日、評論家を名乗りブログを始めてみたら、思ったより世間が食いついてきたため、コンビニアイスを掘り下げ始める。並行してパッケージも集め始める。
○1日3食/平均して1日3食は、アイスを食べるそう。
○コンビニ行脚/毎週火曜はコンビニに新商品が並ぶ日。そのため会社周辺のコンビニをくまなくチェック。例えば特定のコンビ

鈴木秀明/資格フリーク

○掲載号/762号「101 things to do in NY」
○きっかけ/東京大学時代、雑誌サークルへ入る。そこでコラムを任され、資格試験を受ける記事を書き始める。
○現実逃避/何度も合格することによって、それが快感に。お金のなかった大学生の頃は、時には食費を削り、時には借金をしてまで資格試験を受け続けていた。
○資格数/261種類337個の資格を今までに獲得。
○受験数/社会人となった今は