キーワード

カリフォルニア

【音楽を聴いて旅気分】野村訓市が選ぶ、「ヒッピーの聖地〈ビック・サー〉へ向かう車で聴きたくなる」プレイリスト

『BRUTUS』の特集「いつか旅に出る日。」(914号)で、アメリカ・カリフォルニア州にある〈ビック・サー〉の取材を行った野村訓市。
〈ビック・サー〉とは、荒々しい海岸線と大きな森林に囲まれた、小さなコミュニティのこと。かつてビートニックの作家たちは“その大自然”にインスピレーションを受け創作し、彼らの作品を愛読するヒッピーたちはこの場所に憧れを抱いた。
目的地には、サンフランシスコからロサンゼル

SOMEWHERE, SOMEDAY いつか旅に出る日。

旅の動機はさまざまです。誰かの話に耳を傾けたり、一枚の写真に心を揺さぶられたり、映画の一シーンに魅せられたりと、いつか行きたいという思いが募っていく。思い立つ時、旅はすでに始まっているのです。いつかどこかで理想の人と出会いたいと願うように、本当に行きたい場所を探す。そこにいるだけで心が満たされるピースフルな場所。旅に行きたいと思うことは、平和を願うことと同じ欲望なのかもしれません。SOMEWHER

San Quentin #1 (Angela Davis at San Quentin)(1971)|ピーター・ソウル

 誰もが知る『三匹の子豚』のお話。多くの人は子供の頃に絵本で知ったのではないでしょうか。レンガの家を造り、狼の手から逃れた子豚から学ぶのは、「手抜きをせず真面目に取り組んだ者が救われる」ということ。そんな3匹の子豚たち、上の絵ではそれぞれ「正義」「金」「権力」と書かれた帽子(英国などの大学の卒業式で被るあの四角い帽子)を頭に、恐怖の表情を浮かべています。どの子豚も血管でできた十字架に磔にされ、助か

ノーウェイブ?

サードウェイブの次なるムーブメントって? フォースウェイブかと思いきや、そんなうねりは見あたりません。サードウェイブの荒波が落ち着いた、今のコーヒーシーンは、ことのほか穏やかで、海面は美しくスムースで、新しい波を待つにふさわしい状況です。つまり、ノーウェイブ? トレンドに流されない、新しいスタンダードが生まれそうなコーヒーまわりなのです。

今回のコーヒーの教科書はノーウェイブだけにテーマはブレン

コレ、 欲しい。| アリストロキア

まるでネペンテスのピッチャーのような筒状の花をつけるアリストロキア。その奇妙な形の花や蜜の匂いで、主にコマバエなどを誘引する。中に毛が生えており、開花初期のおしべが成熟する時期は、内部に向かって生えた毛によって、一度入ったハエを監禁する。そして、めしべが成熟してくると、毛が抜けて、花粉を十分にまとわせたハエを解放する。

サボテン屋の姿をした、総合カルチャーセンター〈カクタスストア〉。

ロサンゼルスの東、エコー・パークの一角に2015年に姿を現した〈カクタスストア〉。とかく大規模であることが良しとされるアメリカにおいて、7坪という敷地面積はマイクロショップと呼ぶのにふさわしいサイズ。

「狭いスペースでいかに量を見せるか、という機能もありますが、それぞれサボテンが生息する標高に敬意を払っての配置でもあるんです」と説明するのは創立者の一人、カルロス・モレラ。標高の高い場所に自生する

「よい風景をつくる」ために欠かせないものは何か。中原慎一郎の原点とこれから。

 家具も作るし、住宅や店舗の内装も手がける。展覧会やイベントの監修もする。インテリアショップだけじゃなくて、ベトナム麺食堂も経営し、130社合同の業者向け展示会もまとめる。ランドスケーププロダクツのファウンダー、中原慎一郎の活動は、とても一言では言い表せない。けれど、それらはすべて「よい風景をつくる」ことなのだと、いよいよ明らかにされる展覧会が鹿児島〈霧島アートの森〉で開催されている。

「いろん

南カリフォルニアの自然を生ける。

ロサンゼルス在住の陶芸家・アダムの友人ラヴィは建築家であり、〈草月流LA支部〉のディレクターを務める華道家でもある。

「僕もアダムも日本の建築に影響を受けてきたという共通点があって。僕は12年前に草月流の武市治子先生に出会って、生け花を始めたんだ。草月流は花を現代美術的な観点で見ることから始まった、従来の伝統からの脱皮を実践している流派だと理解しているよ」(ラヴィ)
「ジョン・ケージやヨーコ・オ