キーワード

外国人

ホテルは旅の最終目的地で良いのです。 No.905 フロム エディターズ

滞在+αの付加価値が、そのホテルを選ぶ理由になる。料理、景色、アクティビティ、文化体験。それらはインバウンド需要の引き金にもなっているけど、来日する外国人だってリピーターともなれば、日本全国隅々まで歩き回るという。地方創生の流れもあって、多くのホテルが、地域色をより深めてきたというのが、取材後の印象でした。アクティビティ寄りの宿を何軒かを取材する中で、ラグジュアリーとは別の意味で、強烈な印象が残っ

つい口走るセクハラ。

部下を早く帰してあげたくて「嫁入り前の娘をこんなに長く働かせたくないんだよ〜」とか、セクハラを気にしすぎるあまりに笑えない一言をつい口走ってしまいます。悪気はないんですが、空気が凍る。すぐにハッとして「お前頑張れ」とかごまかすと、余計に変な空気になるし。そんな時、どうするのが正解ですか?(会社役員/59歳/男)

名古屋という名の小宇宙。文・吉川トリコ

昔から言われていることだが、名古屋の子どもは名古屋の外に出ない。「名古屋の外に出る」という発想そのものがすこんと抜け落ちている。私の出身高校はそこそこの進学校だったのだが、大半は地元の大学に進学し、中には東京や関西の大学に進学する子もいないでもなかったけれど何年かするとそのほとんどが戻ってきた。就職試験の際、名古屋の企業は地元出身の人間を優遇すると聞いたこともある。
 
まわりを見渡せば、地元で進

ジャズを聴くなら。

ジャズシーンの“今”を伝え続けてきた名店。

1970年当時、名古屋では珍しかったジャズ喫茶としてスタート。その後、フリージャズ全盛の時代に合わせ、演奏もできるライブバー形式の現店舗に。オーナーの河合勝彦さんは、愛知県出身のケイコ・リーをはじめ、綾戸智恵や大西順子、渡辺貞夫といった国内ジャズシーンを代表する存在となっていったミュージシャンをいち早く見出した人物。「名古屋のジャズファンは、もう1,0

Untitled from the Like Everyday Series(2000-2001)|シャディ・ガディリアン

 女性の顔が、ゴム手袋やアイロン、皿、ホウキと、いわば一昔前の(だといいのですが)“女の仕事”の象徴的な道具になってしまいました。彼女たちの個性は、ヒジャブ(ムスリムの女性が体を覆う布)の模様でしか知ることができません。さて、シャディ・ガディリアン(1974〜)はイランの首都テヘランに生まれ、現在も同地を拠点に活動する写真家です。イランを訪れたことがある人が日本に、また、世界にどれほどいるかわかり

COMOLI

小森啓二郎さんの服作りには明確なコンセプトがある。
「自分が着たいものであること。それが世の中にないこと、を前提にしています。既にあるものは買えばいい。周りを見渡して、どこに行ってもないなと思ったら、よし、作ろうと。それが、僕が服を作り始めた理由なんです。そして、自分が着たいと思うものは、誰かしら欲しいと思ってくれないかなという思いで展示会を開いています。あ、でも、トレンドは気にかけていて、自分が

九代 長江惣吉

杭州で曜変天目の破片が見つかった、あるいは8Kで国宝の曜変天目を撮影する。そんな機会に必ず現場へ呼ばれるのが、長江惣吉さんだ。江戸時代には原料土の採掘を行い、明治以降は窯屋を営んできた家に生まれ、曜変天目の再現を追い求めた父、八代長江惣吉の死後、32歳の時に「やむを得ず」その志と研究を引き継ぐことになった。ただし、先代は研究資料を残しておらず、実のところ引き継げるものはほとんどないに等しかったとい