キーワード

アダム

【近日公開】『デッド・ドント・ ダイ』巨匠ジム・ジャームッシュが「愛すべき」ゾンビ映画を撮った理由とは。

あのジム・ジャームッシュがゾンビ映画⁉ 最新作『デッド・ドント・ダイ』は、アメリカの田舎町で起こった怪事件に端を発し、奇想天外なゾンビたちが町中をさまよってはバッタバッタと切り倒され、世界の終焉へと向かっていくゾンビ・コメディ映画である。警察署長と巡査の迷コンビを演じるビル・マーレイとアダム・ドライバーをはじめ、キャストはティルダ・スウィントンにトム・ウェイツ、とお馴染みジャームッシュ組の豪華メン

【「販売所」という名のマルチロースターカフェ。】 COFFEE COMMISSARY

ロサンゼルス界隈に7つの店舗を持つこの店は、複数のロースターをフィーチャーすることで店舗によって取り扱う豆を替え、アメリカ中から厳選された豆を買うことができる。(写真のカルヴァー・シティ店では〈Tectonic Coffee〉がエスプレッソ系のメニューに起用)、バラエティある豆の取り揃えで、常連客にも楽しい。「ブルックリン発の〈UNITY COFFEE〉はクオリティの高さと豆のおいしさはもちろんで

【ヴィンテージと先端ハイテクマシンの共演】 BAR NINE

2014年にカルヴァー・シティにオープンした、プロバット焙煎機併設のロースタリーカフェ。お客さんとの対話を大切にしたいとmodbarのエスプレッソマシンを導入し、カウンタートップをすっきりさせた。また同社の自動給湯システムでケメックスにコーヒーをドリップするなど、最先端のハイテクマシンでサーブするニュージェネレーション的カフェだ。毎週日曜日の正午にパブリック・カッピングを実施するなど「この6年で着

最先端のコーヒーキュレーター、ロサンゼルス・ コーヒー・クラブ。

ロサンゼルス都市圏の焙煎家を毎週キュレーションし、フレッシュなコーヒー豆をメンバーの自宅やオフィスに届ける〈LA COFFEE CLUB〉。卸専門の小さなロースターから、カフェに焙煎所を併設したロースタリーカフェを持つブランドまで、これまでフィーチャーしてきたロースターや焙煎家は60軒以上を数える。その〈LA COFFEE CLUB〉のアダムに、現在のロサンゼルスのコーヒーシーンについて聞いてみた

南カリフォルニアの自然を生ける。

ロサンゼルス在住の陶芸家・アダムの友人ラヴィは建築家であり、〈草月流LA支部〉のディレクターを務める華道家でもある。

「僕もアダムも日本の建築に影響を受けてきたという共通点があって。僕は12年前に草月流の武市治子先生に出会って、生け花を始めたんだ。草月流は花を現代美術的な観点で見ることから始まった、従来の伝統からの脱皮を実践している流派だと理解しているよ」(ラヴィ)
「ジョン・ケージやヨーコ・オ