キーワード

清潔感

爪の道具。

爪を磨きながら人の話を聞くことは大変マナーの悪いことだが、爪の手入れは蟹を食べるがごとく、人の話などまともに聞いていられないほど集中してしまう。多くの男性は爪の道具といえば爪切りぐらいしか知らないが、爪の間の汚れを取るブラシから、甘皮を上げる専門道具、上げた甘皮を切る専用バサミまであることを知れば、手入れの奥深さもわかるというもの。爪は清潔感のバロメーター。人には見せられたものではないが、無心に爪

ボディローション。

ボディの乾燥を防ぐための保湿ローションだが、ほんのり肌に香りづけするのにもボディローションはうってつけである。フレグランスよりほのかな香り立ち、肌を自分のためだけに(または至近距離の他人のために)パーソナルかつ自然に香らせることができる。しかも肌の角質層を潤わせるため、乾いた肌ではすぐ消え去ってしまう弱い香りでも、ほぼ一日中長持ちするのがうれしい。入浴後にデイリーにつけて、粉ふきのない清潔感のある

自分で髪を切る。

 今年で73歳になりますが、かれこれ50年以上、髪は自分でカットしています。まだ20代だった1970年前後は、男が美容室に通うような時代じゃなくて。かといって、理髪店はクラシックな髪形の一辺倒でね。当時、雑誌で見て憧れたミュージシャン、ロッド・スチュワートのようなヨーロッパのスタイルに近づけるには、セルフカット以外の選択肢がなかったんです。そんなふうに仕方なく始めたことが、徐々にコツを掴んで、これ

二週間に一度の身だしなみ|松浦弥太郎

「さわりたくなる、いい髪型ですね」。はじめて会った女性にこう言われてドキッとした。「どうってことのないただの七三です……」と照れながら答えた。「とても清潔感があります」と女性は静かに微笑んだ。
 
心の中で僕は、「さすが米倉さん」とつぶやいた。ほめられたのは僕ではなく、僕の髪を切ってくれている、理容師の米倉満さんの仕事であると知っているからだ。100年の歴史を持つ、銀座の『理容米倉』で髪を切っても

ちょっと長いけど、ブルータス読者への開運の手紙。| ゲッターズ飯田

占いはどこか信用できないと思っている方にお伝えしたいのが、「占いはデータである」ということ。すでにクラシックの譜面のような完成された理論と教科書があり、占い師はそれを演奏する役割。勉強すれば誰でもできるようになるものです。譜面のアレンジは占い師によって異なりますし、経験を積んだ人ほど精度も上がります。
「占う」の語源は「試す」という意味です。「占」に屋根がつくと「店」という漢字になりますよね。店に