キーワード

カレー

人はいつフィリピン料理を食べるのか?

祝日の夜の西荻のとある商店街は、日本海側の町のシャッター街かと思うほど閑散としているうえ、寒風が吹きすさんでおり、土地勘というものに絶望的に見放されている私は、こんな場所にフィリピン料理屋があるのかと心細かったが、その細さが極細になるほど歩いた先に「ATE」はポツンとあった。

今回、社長とママと私は、フィリピン料理をくらうのである。食らうと決めてからふと思ったのだが、人はどんなときに「さあ、フィ

多忙なら簡単に淹れて美味しい豆。

南インド料理の後に飲むものは、チャイであることがほとんどだ。須田竜くんが都内の南インド料理店を独立して、自分の店を持ってからしばらくした頃に、モーニング営業を始めたと聞いた。インドのモーニングセットってなんだろう? 興味津々で行ってみたら、パンとインドの惣菜数品、そして飲み物はコーヒーだった。しかもオオヤさんが焙煎した豆を使っているという。どうやら知人から国立に面白い南インド料理店があると教えても

ラード入りの油で揚げたサクッと衣が肝。

とんかつの店として名高いが、前身は赤坂にあった洋食店〈フリッツ〉。その名残か、とんかつ以外の料理も評判が高い。メンチカツにクリームコロッケ、カレーなど、どれもきちんと作られた丁寧な味。アジフライもしかり。熱狂的なファンを持つ隠れた名物である。
 まず、衣が旨い。粗めのパン粉をたっぷりとまぶし、しっかり色がつくまで揚げてある。かぶりつくとザクッと音がするほどの香ばしさだ。秘密はやはり“揚げ仕事”にあ

[ 近畿 ]昆布だしとソースが関西人の活力に。

地域ごとに、気候風土が異なる日本列島。津々浦々を探してみると、その土地の風土に合わせ進化した、特徴あふれる調味料が選びきれないほど見つかります。土地と食材の魅力を知り尽くした料理人たちに、お薦めの3品を教えてもらいました。使い方のワンポイントアドバイスを参考にしながら、調味料で日本一周してみては?

石釜 bake bread 茶房 TAM TAM

の街、神保町は名店ひしめく喫茶の街でもある。駅からも程近い〈石釜 bake bread 茶房 TA
M TAM〉の前には、開店まで30分もあるのに早くも行列ができている。お目当てはホットケーキだ。
 石窯オーブンから出てきたばかり、バター香る焼き目にカリッとナイフを入れると、黄金色したスポンジから蒸気がふわりと上がる。1枚焼くのに20分、一度に焼ける数も限られるので1巡目に入れても最後の方だと1時

COFFEE HALL くぐつ草|具志堅用高

〈くぐつ草〉は洞窟みたいに囲まれた雰囲気が好きなんだよね。吉祥寺でも古い喫茶店らしいね。ボコボコした土壁の模様がユニークでさ、ジャズもかかっているから夜なんかに来てもいいんだよな。オレが喫茶店に通い始めたのは、高校時代に石垣島から沖縄本島に出てきた時。パーラーって呼ばれる沖縄の喫茶店にはゴーヤチャンプルーとかご飯もあって、店内のインベーダーゲームもよくやったっけ。その時代、喫茶店にいる高校生は不良

運動はした方がいいの?

齢40を越え、仕事に育児にますます頑張らなくてはと思うのですが、すぐ疲れてしまいモチベーションも低下気味です。周りの人からは運動や筋トレを勧められますが、運動とかする時間があったら映画を観たりしたいです。とはいえ、長く仕事していくためにはある程度の運動はやった方がいいのでしょうか。(イラストレーター/41歳/男)

溜池山王〈イーグル〉の「さっぱり塩味 白スパゲティ」

 芸人なのに、たまに省庁で打ち合わせする機会もある僕ですが、そんな時に立ち寄っていた喫茶店があった。溜池山王の喫茶〈イーグル〉。経年で、自然にアンティークになった木の床と壁、古時計とワインレッドのソファ、おいしそうにたばこをふかす男性客……。時間が止まったような空間でしたが、今年2月に47年の歴史に幕を閉じ、本当に時間が止まった。「このビルで代議士さんたちが打ち合わせする時に、出前にも行ったのよ」

〈神宮球場・欅〉の「カルビ丼」

 最近注目されている“球場グルメ”の定番は、たいがい「カレー」。神宮球場もカレーが人気だろうし、名物といえば「ウィンナー盛」が筆頭に挙がります。でも、学生野球の聖地なんだから、もっと若々しいメニューをすすめたい! それがカルビ丼です。大学1年の春、東京六大学野球の観戦時に先輩にすすめられて以降、これ一択。東京六大学野球の日はほぼ毎回食べていたので、年32回×5年(笑)で学生時代だけで約160回。味