キーワード

長野県

人はいつフィリピン料理を食べるのか?

祝日の夜の西荻のとある商店街は、日本海側の町のシャッター街かと思うほど閑散としているうえ、寒風が吹きすさんでおり、土地勘というものに絶望的に見放されている私は、こんな場所にフィリピン料理屋があるのかと心細かったが、その細さが極細になるほど歩いた先に「ATE」はポツンとあった。

今回、社長とママと私は、フィリピン料理をくらうのである。食らうと決めてからふと思ったのだが、人はどんなときに「さあ、フィ

エスプレッソブレンド 中深煎り

1991年に軽井沢で創業してから約28年。生産者から直接、高品質なコーヒー豆を買い付けてきた、また多くのバリスタチャンピオンを輩出してきた〈丸山珈琲〉によるエスプレッソブレンドは、滑らかな質感と後味の甘さが心地よい。「チョコレートやナッツを思わせる飲み口で甘味が口に広がります。エスプレッソだけでなく、実はドリップ、フレンチプレスと幅広い抽出方法で楽しめます」(加藤)。ブレンドに使用される豆の種類や

50lbs. ECP エクター・ボニージャ ゲイシャ イエローハニー

コーヒーの国際品評会で長年審査員を務める代表の丸山健太郎さん。2001年頃から産地に足を運び、家族経営の小農園やマイクロミルなどに光を当て、世界各地の高品質なコーヒーを数多く紹介。コスタリカ・カップ・オブ・エクセレンスで複数回上位に入賞した〈ドン・マーヨ〉マイクロミルによるエクター・ボニージャ家のゲイシャは、ピーチ、クランベリーなどの風味が豊か。「香りの複雑さもエレガントさも群を抜いている」(大西

かつて、カウンターカルチャーを担った詩人たち。

アメリカに端を発する、1950年代の後半にあった、ジャック・ケルアック、ウィリアム・バロウズ、アレン・ギンズバーグ、ゲイリー・スナイダーなどの詩人を中心とした、ビート・ジェネレーション(現在の社会体制に反逆し、アートや文学で、人間性の解放を目指し、それに伴ったコミューン活動の総称)。それが日本で、狂乱の文化となったのは、10年後の60年代後半になる頃だ。

monbusのGEN CUP、槍ヶ岳山荘のDINEXマグ、蓼科山荘のステンレスマグ|鈴木ともこ

 山小屋やテント泊の際、マイカップがあるとリラックス度が大きく上がります。登場回数が一番多いのは、私がイラストを手がけたDINEXのクラシックマグ。軽くて丈夫、使い勝手のいいサイズ感で重宝しています。長野県松本市のセレクトショップ〈monbus〉限定の「GEN CUP」は手彫りで口当たりが柔らかく、特に温かい飲み物をおいしく感じます。これはピクニックやキャンプなどに。北八ヶ岳・蓼科山の山小屋〈蓼科