キーワード

リノベーション

社会との関係 建築は社会にどうコミットできるか。|成瀬・猪熊建築設計事務所

 不動産業界だけでなく、建築家の間でも手がける人が増えてきた「シェア」物件。この分野で一歩先んじた活動をしてきたのが成瀬・猪熊建築設計事務所だ。彼らがシェアについて考え始めたのは7、8年前。シェアという概念がまだあまり一般的でなかった頃だ。集合住宅を依頼されたが通常のプランでは収支が合わない。そこで当時話題になり始めていたシェアハウスとして事業収支を計算してもらったところ、ビジネスとしても成立する

フリーダ・ジャンニーニが国技館に登場。チャリティガラ ディナーを開催!

 グッチは、日本上陸50周年を記念する今年、1年間にわたり、グッチ青山のフルリノベーションをはじめとするさまざまな企画やイベントを展開。そのフィナーレを飾ったのが、同ブランドのクリエイティブ・ディレクター、フリーダ・ジャンニーニが来日して行われたチャリティ ガラ ディナーです。
 実は2012年に、東日本大震災で被災した子供たちを奨学金で支援する「ユネスコ協会就学支援奨学金―GUCCI奨学生」を創

日本上陸50周年を迎え、グッチ青山がフルリノベ!日本初展開のコレクションも。

 グッチが日本初のショップをオープンしてから50周年を迎えた今年、グッチ青山がフルリノベーションを敢行。クリエイティブ・ディレクター、フリーダ・ジャンニーニのビジョンをパーフェクトに体現したフラッグシップショップとして、新たな歴史を歩み始めました。
 オープン前夜に行われたパーティでは、ゲストが生まれ変わった店内をじっくりと内覧。その空間は大理石やローズウッド、ポリッシュゴールドなどラグジュアリー

風通しの良さで選んだ高台のヴィンテージマンション。

 東京・目黒の高台に立つ築45年のヴィンテージマンション。横長に連続する大きな窓が特徴の一つで、設計は、大企業の本社ビルなどを手がけ、アメリカナイズされた建物を好んだ建築家、圓堂政嘉。華やかさはないけれど、建築に詳しい人たちの間ではちょっと名の知れたマンションだ。かつてはエントランスにイームズチェアも並んでいたという。チダコウイチさんと野口アヤさんが住むのは、その最上階。実はここ、圓堂の住まい兼オ