キーワード

リノベーション

LUMBER YARD

 特徴は手ぶらで訪れてもキャンプ用品を自作できるDIYスペース。材料の販売も行っているが、初心者にはオリジナルのウッドクラフトキットがおすすめだ。ビス打ちだけで、チェアや折り畳みテーブルを簡単に作ることができる。築40年の倉庫をリノベーションした店舗&カフェスペースには、高い天井からいくつものハンモックが吊られていて、実際に試すことも可能だ。キャンプグッズは〈Monro〉のほか、他店では見ない珍し

しかるべき余白がものを引き立てる。ゆとりを残したマンションリノベーション。

 玄関を開けると、すぐにまた3つの扉が現れた。右手の扉はアトリエへ、正面の扉は住居へ続き、残りの1つは洗面所。アトリエも住居もそれぞれ十分な広さがある。
 ここは芦屋の住宅地に立つ築44年のマンションの一室。150㎡の広さがあり、前の住人は3世帯で暮らしていたという。今の住人は額装職人の向井理依子さんで「仕事と生活を分けたくて」と、元の6LDKを玄関すぐで仕切る間取りに改装。アトリエに来る額装教室

もの作りの土壌豊かな鹿児島で実現した、隅々まで手仕事が行き渡る暮らし。

 鹿児島市の繁華街から車で10分ほど。悠々たる桜島を望む高台に、国内外の飲食店で多くの器が使われる〈ONE KILN〉主宰、城戸雄介さんの自宅兼アトリエはある。周囲はごく普通の静かな住宅街で、陶磁器の窯にしては少し意外な立地。実はここ、城戸さんが生まれ育った実家のすぐそばだという。
「ここを見つけたのは偶然。住宅街の端っこで、片側が雑木林なので、もの作りをしていても周辺への迷惑が少ないのは決め手で

島田 陽/タトアーキテクツ

「460㎡ある元レストランを、新本社兼住宅にリノベーションしてほしい」
 リノベーションという言葉から想像される条件としては規模も構想も壮大な依頼をしたのは、山口県にある老舗醸造会社、光浦醸造。150年以上の歴史を持つ味噌や醤油の醸造の傍ら、工場の乾燥設備を活用してつくるハート形のレモンが浮かぶレモンティーが大ヒット、事業拡大中の企業だ。
 募集時のインタビューで、こまめに足を運んで監理したいと「

403architecture[dajiba]

東京でメディア関係の仕事をしていたが、熱海の実家に戻って寺を継ごうと決めた若い夫婦。403architecture [dajiba]
なら「寺というコンテンツに興味を抱いていただき、一緒に持続可能な新しい形のお寺を作る」ことができると感じて申し込んだ。熱海では施主と同世代の人々が空き家を改修、ゲストハウスやコワーキングスペースにするなどの街づくり活動をしている。
「僕たちが浜松でやっていることと似

藤田雄介/Camp Design inc.

依頼主の祖父自ら設計した、200㎡ほどの木造住宅。その思い入れのある家を、依頼主家族と両親が共に暮らす新たな住まいへ。リノベーションにあたっては、二世帯住宅をニュートラルな空間に設えてくれることを期待し、藤田雄介を選んだという。
「リノベーション前は、一つの建物でありながら長年にわたって増改築が繰り返されてきたため、場所ごとに仕様がまちまちでした。また、親子でインテリアの好みも異なっていたので、全