キーワード

渋谷区

ドライフラワー

無機質な空間が引き立てる、新たな花の美しさ。

雑誌や広告でフラワーアーティストとして活躍する〈edenworks〉の篠崎恵美さん。仕事柄、大量の花を仕入れ、使った後は廃棄するという行為に違和感を抱いていた。そんな時、代々木上原で始めた生花店でお客さんから「この花はドライにできますか?」と頻繁に聞かれ驚いたそう。花を捨てたくないのは誰もが同じと気づき、2017年に専門店をオープン。調剤薬局をコンセ

mugihana

代々木上原駅から徒歩1分。14年目を迎えるこの店のオーナー堀川英男さんは、人生の先輩と慕いたくなるような落ち着いた佇まい。ブーケやアレンジメントの注文では、言葉にしづらいイメージを丁寧に聞き出してくれる。ポリシーは「贈る人の心に寄り添うこと」。なぜならお祝いの花とお見舞いや送別会の花は意味合いが異なるから。経験値は仕入れにも表れ、競りを軸に、農家からの直入荷や、共同開発した品種も。切り花、枝もの、

Forager

店内に並ぶのは、一般的な花束ならバラやガーベラの隣に添えられていそうな、控えめな花たち。野道が似合う草花や、マメ科や多肉植物の一種といったグリーンの延長のような花も多い。「こざっぱりとした女性にはこっちの方がきっと似合う。花って洋服のように似合う似合わないがあるから」と店主のchi-ko.さん。店主自ら“脇役劇場”と呼ぶラインナップから、存在感のあるブーケを生み出せるのは、大手花屋で長年培った技術

FUGA

外苑前のキラー通りに1994年から25年にわたって店を構える〈FUGA〉は、個性的な葉ものを用いた、モダンなブーケに定評がある。モンステラなどエキゾティックな植物と洋花を合わせ、都会的な世界観を打ち出したパイオニアでもあるが、一方で真紅のバラだけで組むラウンドブーケや、野花を交えたナチュラルなブーケも得意。約300種を誇る花やグリーンを組み合わせて、あらゆるオーダーに応えてくれる。毎年、産地への研

trèfle

「ほとんどのお客さんが、僕のことを見て驚きますね。え? 男性なんですか?って」。そう苦笑いしながら語るのは店主の木之下渉さん。フランス語でシロツメクサを意味する〈trèfle〉という名前も、宇田川町の静かな路地にひっそりと佇む店も、2つのライトだけが灯るこぢんまりとした空間も、どれも可憐な印象。ブーケの花も清楚で、包み方も清純派。「セロファンやサテンリボンは通常使いません。紙だけで全体を優しく守っ

DILIGENCE PARLOUR OMOTESANDO

「新鮮で旬な花を扱うだけでなく、“春なら生き生き”“秋ならしっとり”と四季折々の情緒も表現したい」というのがオーナー・越智康貴さんの花へのアプローチ。花一つ一つが持つエネルギーを感じてもらいたいと、つぼみばかりを束ねて、開花していく過程も楽しめる花束を提供している。店内に並ぶ色とりどりの花は1本から購入でき、希望に応じて、コーヒーカップ風のフラワーベースやハンドル付きのクリアな包装が選べる。花を持

SORCERY DRESSING

恵比寿駅前にある間口2mほどの細長いビル。中に入ると植物が放つみずみずしい空気に包まれ、ここが駅前だと忘れてしまう。店主は花屋の2代目。料理人を経て、花の世界に入り、2014年に自らの店を構えた。切り花の棚にはブロッコリーやサトウキビも並ぶユニークさで、豪華なダリアにカジュアルなグリーンを合わせるなど、組み合わせの斬新さで花のイメージを広げてくれる。また花=高価という印象を崩したいとも。1本100

COCHON

まるで画家のアトリエのような小部屋だ。店主の描いた絵や不思議なオブジェが点在し、その奥のテーブルに十数種の花が。数は厳選されているが、色形ともに存在感のある品種が並ぶ。店名はピエル・パオロ・パゾリーニの映画『豚小屋』から。学生時代はどっぷり映画を学び、その傍ら働くカフェで花の魅力に触れ、やがて花屋に就職。独立直前に欧州を旅し、そこで型にはまらず生きる人々と出会ったことが、今の花屋然としない店に繋が