キーワード

10月

近代絵画のブルース。

「リアルこそ至高」を伝統とする西洋美術が本格的に流入し始めた明治時代。西洋画を見た画家たちの「ホンモノっぽい!」という衝撃から、日本の油絵はスタートした。幕末に来日したイギリスの画家ワーグマンに学んだ高橋由一は、明治維新後の美術界を変えるのは真に迫る表現ができる洋画だと胸躍らせる。日本初の油絵を描き、私塾を作ったり美術雑誌を発行したりしてその魅力を広めた。後に続く洋画家たちも、留学したり西欧の画家

待っていたローカット。

〈ホカ オネオネ〉の人気アウトドアブーツ「TOR ULTRA HI WP」のローカットモデルが、〈エンジニアド ガーメンツ〉とのコラボでついに登場。ミリタリーカラーのワントーンの2色に加え、今季のEGを象徴する赤×黒のツートンカラーもまぶしい。各29,000円(エンジニアド ガーメンツ×ホカ オネオネ/エンジニアド ガーメンツ☎03・6419・1798)

新オープン〈札幌市民交流プラザ〉。 オペラを上演できる大型劇場が誕生。

10月7日、札幌中心部の大型再開発ビル「さっぽろ創世スクエア」に〈札幌市民交流プラザ〉がオープンした。〈札幌文化芸術劇場 hitaru〉〈札幌文化芸術交流センター SCARTS〉〈札幌市図書・情報館〉で構成する公共文化施設だ。

ユニークなのは課題解決型図書館「札幌市図書・情報館」。文学書や児童書は置かず、蔵書の貸し出しも行わない。ビジネスパーソンへの情報提供に特化し、ビジネス、アート、くらし関連

大仏、モアイ、ストーンヘンジ。 ANDOファンの外国人観光客の聖地が 南区の山腹にある⁉

地下鉄南北線の南の終点・真駒内駅を出ると、札幌五輪公式時計の時計塔の隣にタクシー乗り場がある。「滝野に行く外国人、増えてるそうですが」「最近多いよ。ダイブツ目当てだね」。真駒内からタクシーで20分、ゴルフ場を越え、山道をどんどん登っていくと、やがてその大仏は現れる。ただし頭だけ。

以前は平地に置かれていた石像大仏。その巨大な大仏を、ラベンダーの丘で覆った「頭大仏殿」は、建築家の安藤忠雄の設計だ。

なかなか生では見られない、竹内まりやが歌ってギターを弾く姿を劇場で堪能できる。

10月にシングル「小さな願い/今を生きよう(Seize the Day)」を発表し、11月25日に、デビューアルバム『Beginning』発表から、40周年を迎えた竹内まりや。アニバーサリーイヤーのキックオフ企画として、2000年以降に開催した3度のツアーから、演奏を抜粋、本人のコメントやプロデューサーで夫でもある山下達郎のコメントなどを含めて編集した映画『souvenir the movie~M