キーワード

メゾン

渋谷にルイ・ヴィトンのポップアップストアが期間限定でオープン!

 渋谷にルイ・ヴィトン2018秋冬メンズプレコレクションのポップアップストアが4月20日から5月6日までの期間限定で登場し、レセプションパーティが盛大に開催。
 1階、2階で構成された店内は、17日間限定とは思えないほど広々。1階には世界を駆け巡るトラベラーに思いを馳せ、現代のメンズ・ワードローブを追求した2018秋冬メンズプレコレクションが並びます。軸となるのは、「ギフティングコレクション」から

INTAGLIO

 昔ながらの印刷所が激減しているパリで、伝統的な技術を守りながら印刷の素晴らしさを伝えているのが、ここ、インタグリオだ。
 サンフランシスコでタイポグラフィやグラヴュール(彫り版術)の美しさに魅せられたオーナーのステファン・ル・ソター氏。フランスに戻り、1987年にインタグリオを開くことに。エンボスやデボス、バーコ(盛り上げ)から、高温の120℃での箔押しなどの高い技術で製作されるその洗練された印

"MOËT PARTY DAY 2017" Pre Night

世界80ヵ国以上で同日開催されたのが、『モエ パーティ デー 2017』。このイベントは、シャンパン メゾン モエ・エ・シャンドンの世界観を、一日を通して体験できるもの。日本では、ヨガ・インストラクター更科有哉さんによる屋外でのヨガセッションや、〈KEISUKE MATSUSHIMA〉の料理と氷を浮かべて初めて完成するシャンパン「アイス アンペリアル」とのマリアージュブランチなど、モエ・エ・シャン

ミリタリーテイストのシューズ。

英国ブランドを代表する〈フレッドペリー〉が、同国の〈ウォルシュ〉とコラボしたシューズが登場。定番モデルの《TORNADO》がベースで、デイリーに履けるミリタリーテイストの配色が魅力。写真のライトグリーン×オリーブとオリーブ単色の2色展開。19,000円(フレッドペリー×ウォルシュ/フレッドペリーショップ東京☎03・5778・4930)

Lip

創業150周年、フランスの時計製造の聖地ブサンソンの老舗メゾン。左右非対称のケースにカラフルなリューズを持つ近未来的な「マッハ2000」を知る時計ファンも多いだろうが、150周年記念モデルはクラシックな装いである。その上品な装いが、フランス製らしさ。機構も凝り、年に1度、3月1日以外は調整不要なアニュアルカレンダーを装備。そんな複雑なメカを備えながらの価格に驚く。

H.MOSER & CIE.

高精度な自社製ムーブメントを持つ、スイスの実力派。柔らかなグラデーションを描く美麗なフュメダイヤルは、メゾンのアイコンである。細身のベゼルでダイヤルを最大限に広げ、インデックスは最小限にとどめて、ファンキーブルーの濃淡が移ろう様子を純化。ダイヤルには敢えてブランド名を置かず、美しいダイヤルをシグネチャー代わりとした。ノーネームの潔さは、自信の表れである。

ORIS

毎年、心くすぐる復刻モデルを発表する〈オリス〉。針はコブラ型、アラビア数字はミリタリー仕様。いかにもヴィンテージな顔つきは、1917年製モデルの復刻だ。オリジナルは懐中時計をパイロット向けに改良した、メゾン最初の腕時計だったとか。針合わせの際には、2時位置のボタンを押しながらリューズを回す、当時の機構までも忠実に再現。アンティーク時計ファンのハートを射止める。