キーワード

写真家

Toyota Harrier

 高級クロスオーバーSUV市場は年々成長し続けており、世界中の各メーカーが新型を投入ししのぎを削っている状況です。この人気カテゴリーの先駆的存在が、20年前に登場した初代ハリアー。当初、目指したのは高品位サルーンの乗り心地と快適性を備えたもので、その意志は現在の3代目にもきちんと受け継がれています。加えて、今回はToyota Safety Sense Pと呼ばれる先進の追突回避支援パッケージを全車

Bar KASASAGI

店名は、店内にも飾られているモネの初期の代表作から。描かれているのは雪景色の中、佇む一羽のカササギ。その凜とした風情が、女性店主の姿と重なる。川﨑晴香さんがバーテンダーを志したのは21歳の時。写真の専門学校を卒業後、写真家を夢見るも体を壊して断念。自分を表現する場を求めて、この世界に飛び込んだ。
 親しみやすいルックスとキャラクターに反して、かなり硬派な彼女。バーでの修業に加えて、酒を全方位的に学

Panthére de Cartier at TRUNK (HOTEL) OPENING RECEPTION PARTY

あの伝説的人気を誇ったリストウォッチが、誕生からおよそ35年の時を経て蘇りました! その名は「パンテール ドゥ カルティエ」ウォッチ。ブランドのアイコンともいえる、このフェミニンな腕時計の発売を記念したパーティが、渋谷の〈トランク(ホテル)〉で盛大に行われました。
 カルティエ・レッドに染まった会場は、この時計を身に着ける女性、“パンテール・ウーマン”の多面的な魅力を表現した5つのスペースで構成さ

とんかつ山和の特ロースかつ定食

 全日本とんかつ連盟に加入し、食材にこだわりのある昔ながらの店。混むランチを避け、落ち着いた夜に行っています。箱根路(何故?)が描かれた暖簾の奥から、お肉を丁寧に調理する音がドスドス、揚げる音がカラカラと心地よく聞こえてきます。お皿を運ぶ時に触れないよう配慮されているのか、暖簾の片側だけ短くカットされているところに、几帳面さがうかがえます。ご夫婦で切り盛りされているのですが、名店にありがちな偉そう

Volkswagen up!

 そのコンセプトが発表されたのは今から10年前。up!は将来を担う小型車として「up!コンセプト」の名で2007年フランクフルトショーで初公開されました。当初は後ろにエンジンを搭載したRR(リアエンジン・リアドライブ)でした。今回の新型も含め、販売モデルは真逆のFF(フロントエンジン・フロントドライブ)を採用しています。ただ、この違いはあれど、小さく見えて大きく使える点、スタイリングや開発思想は共

泣いて、笑って、抱きしめ合って…。外国での映画作りについて、監督と俳優が語る。

写真家としても活躍する、長谷井宏紀の長編初監督作品『ブランカとギター弾き』は、日本人監督として初めてヴェネチアビエンナーレ、ヴェネチア国際映画祭の出資を得て製作された。長谷井の映画作りの姿勢において多大な影響を与えたという浅野忠信と、映画にかける情熱について語り合った。

浅野忠信 普段から宏紀くんとはよく会っていて、この映画を撮る前から話は聞いていたんだよね。だから出来上がりがずっと楽しみだっ