キーワード

ウォール

12星座をダイヤでデザイン。

LAを拠点とするジュエリーブランド〈スピネリ キルコリン〉から新作チャームが登場。シルバーで作られた球体には、それぞれ12星座の形にダイヤが埋め込まれている。ゴールドのチェーンを合わせて、よりラグジュアリーなムードに。ネックレスチェーン330,000円、チャーム各104,000円(スピネリ キルコリン/サザビーリーグ☎03・5412・1937)

walden woods kyoto (京都/六条)

白い部屋に置かれたヴィンテージのプロバットが存在感を放つロースターカフェ。「鉄製で蓄熱性が高いため、均等にムラなく焼けるのが魅力。京都に根づく深めの焙煎も頭をよぎったけれど、いい豆ほどジューシーさや甘さといった特徴を引き出したいから浅煎りを主体にしています」と、店長の梅田考也さん。2階の客席にはあえてテーブルを置かず雛壇状のベンチに。斬新な空間とも相まって、京都のコーヒーシーンに新風を吹き込んでい

専門店ならではの品揃えで、 北海道のアウトドアを牽引。

1955年に創業した登山とアウトドアの専門店。店名は画家・坂本直行さんが命名。専門店ならではの本格的な品揃えで、約1万4000点もの商品数に圧倒される。南極用登山靴や狩猟用ウェア、オリジナルの熊尻皮など、思わず目を疑うようなニッチな商品もあり、見て回るだけで楽しい。またスタッフはアウトドアやウィンタースポーツなどにおのおの通じており、豊富な知識や経験に基づいたアドバイスやサポートが受けられるので心

アメリカで出会い、長年思い続けた 憧れの大型家具がついに自宅へ。| 内田 斉(JANTIQUES オーナー)

外国人向けの70年代のヴィンテージマンションを改装した家の至るところに配置されたミッドセンチュリーの家具。その中でも内田斉さんのお気に入りは、長く持っていたが最近ようやく設置できたというジョージ・ネルソンのCSSだ。

自由に組めるウォールユニット型の収納システムで、台座を好きな位置につけられるためレイアウトの自由度が高く、使う人のセンスが表れるプロダクト。内田さんは9本の鉄筋のうち、6本をリビン

GR 8

 トレンドの中心にあるHYPEなものを数多く揃えるGR8。代表の久保光博さんの確かな審美眼でバイイングされるブランドは、マーティンローズ、ア コールド ウォールなどの人気デザイナーズブランドに加え、コットワイラーやチャールズ ジェフリー 
ラバーボーイといった英国のアップカマーまで要所を網羅。ハイエンドとストリートブランドの境をなくし、デザイン性の強いアイテムを、若者の聖地・原宿で発信。

やっぱり日本製は穿きやすい。

やっぱり日本製は穿きやすい。

日本生産にこだわる〈オーディナリーフィッツ〉から、使い勝手のいいイージーパンツが登場。シルクコットン生地を使い、ウエストはゴム仕様、サイドはシームレスに仕立てた。ゆとりのあるワタリから裾に向かってテーパードしたシルエットも今っぽい。こちらはボトルスの別注色。19,000円(オーディナリーフィッツ/ボトルス☎06・6136・5225)

Tent(テント)|なにはともあれ、快適な家を建てよう。

格好は良いけど黒は暑いでしょ! と正直最初は思いましたが、実はキャンプの時、暑い日中にテント内にいることってほとんどありません。逆に朝寒くて寝袋から出たくない……なんてことはよくあるんですが。このテントなら日が出れば中はポカポカ。作りも最新で材質も最高。この完成度のものを新興ブランドがリリースしてきたのはうれしい驚きだし、今後が楽しみ。4人用。¥58,000(シンワ ムラコ事業部☎0120・351

ハンティング・ワールドの新コンセプトショップとなる高島屋玉川店がオープン!

 2015年にブランド創設50周年を迎えたハンティング・ワールドは、新しいクリエイティブチームを編成し、さらなる進化に向けたプロジェクトをスタートしました。その一環として、ハンティング・ワールド髙島屋玉川店がリニューアルオープン。内覧会を兼ねたパーティが開催されました。
 店内に入るとクリエイティブディレクターの相澤陽介さんによるバッグやアパレルアイテムがフルラインで揃う、目を見張るような空間が広

変化し続ける、ディスプレイウォール。

 見上げるほど天井の高いリビング、日当たりの良い窓際のロフトには植物が鬱蒼と生い茂る。プラントアーティスト川本諭さんの自宅は、遊び心に溢れた壁使いが魅力だ。床から天井まである大きな壁の一面は、ぱっと目を引くグレイッシュなグリーンで彩られている。
「隣のベッドルームはネイビーグレー、ダイニングはテラコッタカラー。各部屋のポイントとなる1面だけに色を取り入れて、それ以外はすべて白にしました」
 壁は一