キーワード

クチコミ

J & J Private Kitchen

台北グルマンの間で注目のプライベートキッチンがある。2016年4月のオープン以来、クチコミで話題となり、今や予約は3ヵ月待ち。17年6月に移転し、さらにパワーアップしたとの評判も高い。ここで供されるのは、オーナーシェフ張濬榕さんによ
り“再構築された”台湾料理。この地ならではの食材を、独自の解釈で調理し、フレンチやイタリアンを思わせる盛り付けで提供する。装いは新たに、それでいて味の骨格はしっかりと

島田雅彦

「人間は主として2種類に分けられます。効率的にお金を稼ぐ人と“新しいお金”を作ってしまう人。前者はビジネスマンと呼ばれ、後者はアーティストと呼ばれますが、私の父はお金を稼ぐのがへたで、自分もそうになるに決まっていると幼い頃から思ってきました。というわけで、貨幣経済とグレた付き合い方をすべくアーティストになったわけです」
 そう語るのは、小説家の島田雅彦さんだ。実際、2010年に刊行された著書『悪貨

マンダラ

 渋谷の桜並木通りにあるネパール料理店マンダラでは、予約制のマンダラコースを頼むとカトマンズ出身の店主、スニルクマルさんが手相を見てくれる。ネパールでは、翻訳やガイドのほか、曼荼羅(密教などの世界観を表す緻密な図柄)の販売をしていたことから店名を決めたそうだ。子供の頃から不思議なことやスピリチュアルな事象に関心を持ち、10代から修業をして手相学に行き着いた。
「動物が木に登ったり、獲物を捕らえたり

珈琲専門店 預言CAFE 高田馬場店

 2007年にオープン以来、日々クチコミで賑わう店内は、明るいインテリアにロック調の賑やかな賛美歌が流れるポップな雰囲気。女性も多いが男性のお客さんもちらほら見える。こだわりの自家焙煎スペシャルティコーヒーはじめ、飲み物を頼むと一対一で預言を無料で受けられる。お店のスタッフはみんな預言ができる。オーナーは、アライズ東京キリスト教会の牧師であり、音楽家、預言者の吉田万代さん。「主が言われます。わが愛

みどり荘

 目黒区・青葉台に、知る人ぞ知るアンダーグラウンドなコワーキングスペース〈みどり荘〉が登場したのは、4年前の2012年。しかし、オーガナイザーの小柴美保さんの脳裏にみどり荘へとつながる構想が漠然と芽生えたのは、さらに遡ること4年前の2008年のことだという。
「その年の9月にリーマンショックが起きたんです。当時私は投資銀行に勤めていたのですが、アップルの株価が上がり、ソニーの株価が下がるのを目の当

ロンドンの変化は東から南へ。変わりゆくエリア、ペッカム。

 オリンピックの開催は、ロンドンを大きく変えた。公共交通や地域の再開発が進み、人気のエリアは五輪会場周辺の東にぐっとシフト。さらに今、南へと広がっている。中でも注目されているのが、新路線でショーディッチと直結したペッカム界隈だ。元はアフリカ系住民が多いエリアだが、ここ数年、ポップアップする店やイベントとともに、ヒップスターが徐々に南下。新世代のカフェやショップが続々オープンし始めている。
 若い2

Miyata Beer

今年4月オープン。10人も入ればいっぱいの店内で、一人黙々とビールを注ぐのはオーナーブルワーの宮田昭彦さん。酒造りに興味を持ち、ブルワリー巡りをするうち「自分のビールを造りたい」と脱サラしてこの店を始めた。宮田さんが目指すのは、しっかりとした輪郭を持ちながらもスッキリとした飲み口のビール。「そのため提供温度も低めにしています」という。今ではクチコミで客も増え、奮闘の毎日。成長が期待できる一軒だ。