キーワード

ブルーノ

ウォルター・シーガルが伝えた、 シンプルなセルフビルド・メソッド。

父はダダイスムの芸術家で、バウハウスの創設者ウォルター・グロピウスらと交流のある家に育ったというウォルター・シーガル。ベルリンの大学ではブルーノ・タウトらに建築を学んだというモダニズムの申し子だ。卒業後はエジプト学に傾倒し、その関係で1930年代に大英博物館のあるロンドンにやってきた。結局、AAスクールで建築を教え始め、建築家としてこの地に根を下ろすことになる。

ブルーノ・ムナーリの花教室。

花を楽しむのに、花瓶なんて必要あるでしょうか?

ブルーノ・ムナーリっていったいどんな人? 20世紀のイタリアを代表する工業デザイナーで画家で絵本作家。発明家でも文筆家でもあり、モダンな家具や子供のオモチャを作るのが大得意。
 
そんなムナーリ先生が大の花好きだったことは、意外と知られていないかも? 実は1973年に『UN FIORE CON AMORE(英題:A FLOWER WITH LOVE

エルヴィスの背景が、私にはジャズと重なって見えました。|湯川れい子

コンボという喫茶店では、鼓膜が破れるような音量で音楽がかかっていました。お客さんはほとんど黒人の兵隊さん。「これが今、NYで盛んに台頭してきているジャズなんだ」って。即興演奏で譜面なんかない、黒人が自分のアイデンティティとして自己主張する音楽だと言われて。みんな目をつむりながら会話もなく聴いているんです。衝撃的でした。その中に早稲田の学生だった大橋巨泉さんや、まだ無名の渡辺貞夫さんとかがいらして、

ブルーノ・マーズが愛されるのは彼のポップス愛にあり。

2010年代の音楽界、最大のポップスター、その名は、ブルーノ・マーズ。今年1月28日に開催された第60回グラミー賞においても主要部門3冠を含む最多6部門を受賞。正直に告白すれば、僕は今回主要部門のいずれかをケンドリック・ラマーが獲得するべきだと思っていました。それは彼が世に放ち続けたアルバム群が、合衆国を覆う「白人対黒人」の衝突を極めて現代的に見つめ直した傑作だったから。アデルやテイラー・スウィフ

探しものは、とにかく足で見つける。|川合将人

仕事で探しものがある時は、セレクトショップから合羽橋、100円均一に百貨店まで、とにかく見て回ります。ウェブでも探しますが、購入するのは知っているものだけ。実物と質感やイメージが違うことも多いので、買う前に必ず自分の目で確認します。でも家のものは、あまりコーディネートを意識しないかな。気に入ると買ってしまいます。

Mina|ミナ (1942)

木の椅子は、座り心地とシンプルさを両立させるのが難しい。座り心地を優先してクッションを厚くするとシンプルさが損なわれ製造コストも上がる。スウェーデン人のブルーノ・マットソンは、雪の上に座ってその曲線を調べ、体重が分散するように人体にフィットするフレームを成形合板で実現。これなら薄いシートでも快適な椅子になる。この時代としてはとても先進的な発想だった。

なるか、一念勃起、バンド・デシネ復興。

 バンド・デシネ、このフランスの漫画ジャンルはアートのジャンルでもあって、たとえばバンド・デシネ漫画家、映画監督でもあるエンキ・ビラルはルーブル美術館と組んで、『ルーブルの亡霊』展を美術館内部で展開したりするわけです。
 このところ、わが国ではちょうどバンド・デシネに多くの原作を提供してきたアレハンドロ・ホドロフスキーの来日もあって、また若手の研究家・翻訳家の俊英、原正人氏の尽力もあって、メビウス