Feel

2024年下半期 蠍座の運勢【七嶋ナオの12星座別ブルータス占い】

毎週更新「ブルータス週間占い」が人気の占星術師・七嶋ナオさんが2024年下半期の運勢を占います。蠍座(10/24~11/22生まれ)の星模様は?

illustration: Aurélie Garnier / text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI

下半期全体の蠍座

喜びと驚きと

「開いて、結ぶ」がテーマになる2024年下半期。木星が双子座を運行すると、物事を新しい視点で見るエネルギーが注がれます。今いる環境を新鮮な気持ちで見つめることができるでしょう。また、いつもより社交的な気分になります。初めての場所や催しへ赴くことが増えそうです。

冥王星が山羊座エリアと水瓶座エリアを行き来する影響で、引っ越しや転勤などの話が出てきそうです。さらに、家族の問題が浮上し、真剣に取り組むことになるかもしれません。

太陽シーズンごとの蠍座

6月21日〜7月21日太陽蟹座エリア運行期間

太陽は蟹座エリアを運行します。蠍座と蟹座は同じ「水のエレメント」なので、調和的なエネルギーが満ちてきます。とくに6月27日は、太陽・金星(愛と喜び)・水星(知性)が蟹座エリアで重なり、愛と喜びの海に浸っているような心地になれそう。

7月18日は火星(意欲・闘争)と天王星(改革)が牡牛座エリアで重なります。パートナーから突然不満を告げられるかもしれません。関係を揺るがすアクシデントが起きやすいときです。冷静に話し合えるようにしましょう。

7月22日〜8月21日太陽獅子座エリア運行期間

太陽は天の高い位置を、燦燦と輝きながら運行しています。仕事運が上がり、パワフルに案件を進めていくことができるでしょう。7月23日、太陽と逆行中の冥王星水瓶座が向かい合います。プライベートと仕事を両立させるために骨を折るかもしれません。

8月15日、木星(成長)と火星(意欲)が双子座エリアで重なります。親や親戚、恩師などお世話になっている相手に会う場面がイメージできます。噂話は聞き流して吉。

8月22日〜9月21日太陽乙女座エリア運行期間

「友情」や「未来計画」を意味する場所に太陽が巡ります。9月10日、太陽と木星、逆行中の土星(社会性)が互いに刺激し合いながら結びつくと、同窓会の知らせや、過去に縁のあった人からの連絡が入りそうです。

9月20日には、太陽乙女座、逆行中の冥王星山羊座、逆行中の天王星牡牛座が「グランドトライン」という形を成します。不思議な縁を感じる出来事が起きるかもしれません。

9月22日〜10月22日太陽天秤座エリア運行期間

太陽は「隠されたもの・秘密の部屋」「無意識」を意味する場所を運行します。夏の疲れを癒やすタイミング。10月14日には木星と太陽が調和的に繋がります。隠者のように静かに過ごしたくなりそうです。

10月22日は太陽と冥王星がぶつかり合います。思ってもみない相手から誘われて出かけることになるかもしれません。

10月23日~11月21日太陽蠍座エリア運行期間

太陽が蠍座エリアを運行し、「主役の1カ月」が始まります。土星が魚座エリアにあることから、遊びに興じるよりも、自分を磨く経験を積みたくなりそうです。11月4日、金星(愛と喜び)と逆行中の木星が対向します。思いがけないギフトを受け取ることがあるかもしれません(遺産相続などもありそうです)。

11月15日頃には、太陽と逆行中の天王星(改革)が向かい合い、パートナーシップに事件が起こるイメージが浮かんできます。相手の新たな一面を知り、驚くことがありそうです。関係を一度見直してみたくなるときです。

11月22日〜12月20日太陽射手座エリア運行期間

「所有・財源の部屋」であり、“価値”を意味する場所を太陽が巡ります。強い絆を感じる存在に支えられ、自分らしさを発揮できるとき。11月27日頃は、太陽射手座と火星獅子座が調和的な角度を成します。仕事の場面で“勝利”を得られるかもしれません。12月5日頃には、太陽射手座と木星双子座が対向します。自分が深くコミットメントしたい相手が明確になるでしょう。

YOSHIROTTEN

YOSHIROTTENさん、ライカのスマホ「LEITZ PHONE 3」の使い心地はいかがですか?

暮らす / PR

2024年上半期 蠍座の運勢【七嶋ナオの12星座別ブルータス占い】