Visit

編集者・安藤夏樹の1泊旅。木彫り熊発祥の地・八雲町で歴史も学んで、熊彫りまみれ

1泊2日で人生を変えてみたいなら、すでに経験済みの先輩たちに聞いてみよう。偏愛、冒険、知的探求……。旅の達人が提案する、ディープで愉快な旅行案内。

text & edit: Yuriko Kobayashi

連載一覧へ

北海道/八雲町ほか

木彫り熊発祥の地・八雲町
歴史も学んで、熊彫りまみれ

熊の木彫りの調査・蒐集をライフワークとする身として、熊の木彫り発祥の地である八雲町は聖地的存在。熊の顔形の人形焼き「すーさん焼き」の店〈コパン〉は八雲の人気熊彫り作家の一人、鈴木吉次さんのお孫さんのお店で、歴史秘話が続々。

喫茶〈ホーラク〉には地元の人が持ち込んだ木彫り熊が大集結!〈Kodamado〉では八雲でしか入手できない現代作家の木彫り熊を購入できるかも。国内唯一の専門資料館である〈八雲町木彫り熊資料館〉がハイライト。伊藤政雄の「北海道第1号の木彫り熊」と、熊を抽象化して表現した柴崎重行と根本勲による合作は必見です。

北海道〈八雲町木彫り熊資料館〉
〈八雲町木彫り熊資料館〉のシンボルともいえる茂木多喜治による木彫り。八雲以外の熊も多数収蔵。

SCHEDULE

1日目

09:00 函館空港着。東浜桟橋で根本勲による「北海道第一歩の地碑」(熊の彫刻)を見学。函館駅から特急北斗に乗り八雲駅へ到着。
12:00 〈まるみ食堂〉で柴崎重行、茂木多喜治の木彫り熊を見ながらのランチ。
13:00 〈八雲町木彫り熊資料館〉で熊三昧。
15:00 〈コパン〉でソフトクリームに熊の人形焼きをのせた「すーさんのっけ」をおやつに。
17:00 八雲の熊彫りについて書かれた伝説的随筆『木霊の再生』の舞台・銀婚湯で宿泊。

2日目

11:30 丘の駅で「木彫熊せんべい」を購入。
12:00 喫茶〈ホーラク〉でランチ&熊トーク。
13:30 現代作家の木彫り熊を扱う〈Kodamado〉で買い物。その後、特急北斗で札幌駅へ。
18:00 札幌駅着。西コンコースにある藤戸竹喜の「エカシ像」を拝見。

連載一覧へ