Eat

Eat

食べる

カレー専門店じゃないけれど。あの店の名物〆カレー Vol.2 〈やきとん たつや〉〈jiubar〉〈焼肉ケニヤ〉〈しのだ家〉

カレーの専門店ではないけれど、旨いと評判のカレーがある店。研ぎ澄まされた技術で仕上げられた唯一無二の味は、看板メニューとして供されることも。食べずして帰れぬ味に、カレーの奥深さを感じずにはいられないのだ。

Photo: Yoichiro Kikuchi, Shin-ichi Yokoyama, Hiromi Kurokawa / Text: Haruka Koishihara, Koji Okano, Ayako Takahashi / Edit: Haruka Koishihara

やきとん たつや(沼袋)

やきとんの名店のまかないが
日本酒に合うカレーの煮込みに

店主の藤井龍成さんは、東京・野方のやきとんの名店〈秋元屋〉出身。芝浦から仕入れる新鮮なモツに串を打ち、轟音の換気扇の下、テンポよくやきとんを提供する。

ダクト音と客の話し声が合わさる酒場のカオス感もこちらの名物だが、卓上をよく見ると、串ではなくカレーで日本酒をあおる人ばかり。バゲット添えの洒脱さも、〈たつや〉らしからぬ雰囲気だ。これは藤井さんの〈秋元屋〉時代のまかないをもとに生まれた人気の皿。醤油ベースのモツ煮込みにルーを入れるため、麴×麴のマリアージュで、カレーが抜群に日本酒に合う。カシラやハラミなど日で部位が異なるのも一興だ。

カレーで杯をあおり、バゲットで小休止を繰り返すうちに、〆の時間に。最終兵器に《サトウのごはん》を用意する、なんでもアリがグッとくるのだ。

jiubar(神楽坂)

もっと自由に、もっと楽しく!
新感覚の中華バル

看板もエレベーターもない、うっかり見過ごしてしまいそうなビルの3階へ上がる。閉ざされた扉には店名と「〆のカレーあります」などと書かれた小さな貼り紙が。

おそるおそる中へ入ると、モダンなホテルのバーのような空間が広がる。名物の「肉団子」は誰もが知る料理だが、四川から取り寄せた青山椒や魚香の味つけで、ユニークでよりおいしいものに進化させている。

〆の一番人気はカレー。粗く挽いた豚肉の食感が楽しく、トマトの爽やかな酸味でガッツリ食べた後でも不思議と入ってしまう。食べ進むごとに口の中に広がる四川唐辛子や山椒オイルのしびれが心地よくやみつきに!

焼肉ケニヤ(池尻大橋)

焼肉店のカレー=牛肉のイメージを裏切る
本気のチキンカレー

黒毛和牛A5ランクの極上肉もあれば、チュニジアスパイスで食する仔羊やサルサ・ヴェルデを添えた豚トロもあり、という多国籍なメニューがウリの焼肉店だけに、カレーだって一筋縄ではいかない。なんと、このためだけに鶏肉を仕入れて作るという南インド式のチキンカレーなのだ。

シナモンスティックは細かく刻んで使う、それとフェンネルやタマネギを“ゴールデンブラウン”色になるまで炒める、パウダースパイスはターメリックを最初に入れるなど細かなコツの集大成である逸品は、スパイスが織り成す爽やかな香りとシャープな辛さが心地よく、肉をたっぷり食べた後のお腹がすっと落ち着くかのよう。

しのだ家(東銀座)

醤油ではなく味噌でいただく
スパイスも香る卵かけご飯

「〆鯖と香味野菜の胡麻和え」に「薫製かまぼこ」。飲ん兵衛の心をくすぐる品書きで、界隈の客に支持される〈しのだ家〉。「卵かけごはん -カレー味-」は「タイ風カレー鍋」のカレーペーストを卵かけご飯に加えて提供したところ好評で、〆の定番になったそう。

炒めたタマネギにカレー粉と白味噌を加えたペースト状のルーを卵黄とともに雑穀米に絡めれば、未体験の濃厚さが漂う。味噌のコクとスパイスの辛味が生むリッチな味わいは、〆ではなく、酒の肴にもなり得るほど。おすすめは自家製の「こうひい焼酎」。深煎りコーヒーの風味がスパイスの香りを引き立ててくれる。