Watch

シネマコンシェルジュの映画監督論:森 直人「好きな監督に共通するのは、7割の尖鋭性と、3割の俗っぽさ。」

巨匠から新鋭まで、素晴らしい監督たちが次々と登場する今、観るべき監督を知るには、やっぱり信頼できる映画通の後ろ盾が欲しいもの。独自の審美眼で映画シーンを追いかけ続ける30人に頼ることに。

Illustration: Thimoko Horiguchi / Text: Yoko Hasada, Aiko Iijima, Saki Miyahara, Konomi Sasaki / Edit&Text: Emi Fukushima

映画好き森 直人へ7つの質問

Q1

あの監督の虜になった名シーンは?

森 直人

ジム・ジャームッシュ監督の『パーマネント・バケーション』で、主人公アリーが狭いアパートの部屋でビー・バップのレコードを流してユルく踊るシーンには心を掴まれましたね。

Q2

好きな監督のベスト作品は?

森 直人

ガス・ヴァン・サントの『エレファント』と、北野武の『ソナチネ』。どちらも、監督の個性を核に組み立てられた全体の設計が完璧に美しいです。

Q3

好きな監督のイマイチだった作品は?

森 直人

ラース・フォン・トリアー監督の『ダンサー・イン・ザ・ダーク』は、罪と罰の価値体系が自分とはあまりに異なって。それゆえむしろ印象深くもありました。ダニー・ボイル監督の『イエスタデイ』は、ビートルズ観がまるで合わずハマらなかったですね。

Q4

最近になって魅力的に感じるようになった監督は?

森 直人

『ヴァンダの部屋』などのペドロ・コスタ。それと、実はクリストファー・ノーランも、好きになったのは途中からです。

Q5

あの監督に撮ってほしい、意外なテーマは?

森 直人

今泉力哉監督にミュージカルっぽいものを撮ってほしいです。

Q6

個人的に今気になっている監督は?

森 直人

『枝葉のこと』や『お嬢ちゃん』の二ノ宮隆太郎、『いつか輝いていた彼女は』の前田聖来です。ハリウッドの職人監督だと『フォードVSフェラーリ』のジェームズ・マンゴールドの名前を聞くとワクワクします。

Q7

将来が楽しみな次世代の監督は?

森 直人

『はちどり』のキム・ボラ、『行き止まりの世界に生まれて』のビン・リューは、次回作が楽しみな監督です。

2010年以降の「この監督のこの一本」。
グザヴィエ・ドランの『Mommy/マミー』

2010年代を代表する若き才能による、新しい映像表現。

従来以上に身も蓋もなく、ハリウッド帝国の大資本エンタメが世界を占拠していったここ10年。アーティスティックな映画作家の劣勢(&高齢化)の中で、最大の希望の星、真に若いニュースターだったのがグザヴィエ・ドランだ。本作は当時25歳の彼が最初のピークポイントを示した代表作。カンヌ国際映画祭では、ジャン=リュック・ゴダールの異色3D映画『さらば、愛の言葉よ』と並んで審査員特別賞を受賞した。

この映画でよく語られるのはギミックに関してだ。画面サイズはアスペクト比1:1、つまり正方形。インスタグラムを模したともいわれるが、本質的には共依存的に結びついた母と息子の密な関係の表象だろう。単に奇を衒った形式ではなく、“意味と感情”が一体化した新しい映画言語として駆動する。

やがて青空の下、オアシスの「ワンダーウォール」が流れてフレームが広がる。この伸びやかな解放感!エモーションの質に合わせて映画の形をカスタマイズする方法と精神をドランは提示したのだ。本作以降、画面サイズを変化させる技は選択肢の一つになり、数々の後続が現れている。