TRAVEL/REGION

旅と地域

LATEST

最新

POPULAR

人気

その他の記事

名古屋という名の小宇宙。文・吉川トリコ

昔から言われていることだが、名古屋の子どもは名古屋の外に出ない。「名古屋の外に出る」という発想そのものがすこんと抜け落ちている。私の出身高校はそこそこの進学校だったのだが、大半は地元の大学に進学し、中には東京や関西の大学に進学する子もいないでもなかったけれど何年かするとそのほとんどが戻ってきた。就職試験の際、名古屋の企業は地元出身の人間を優遇すると聞いたこともある。   まわりを見渡せば、地元で進

有料会員

名古屋人も知らない、未開の味。

味噌煮込みうどんの先を行く進化系煮込み。 今、名古屋では味噌煮込みよりもカレー煮込みの方が人気。家でも3分ほど煮込めば本場の味が完成! 少し辛めのスープはご飯を入れればカレーリゾット風に。680円。取り寄せ可。●ジェイアール名古屋タカシマヤ店/名古屋市中村区名駅1−1−4 B1☎052・566・8582。10時〜20時。不定休。

会員

円頓寺の交差点に鎮座する 信長、秀吉、家康の三英傑像。 ……で、もう一体が水戸黄門⁉

円頓寺商店街の西側出入口にある交差点の四つ角に、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑となぜか水戸黄門の像が立っている。活躍した順(?)に、信長は金色、秀吉は銀色、家康は鋼の色に仕上げられているが、これまたなぜか水戸黄門はカラフル。三英傑といえば名古屋にゆかりがあるので像が立つのもわかるのだが……。像を寄付したのは不動産会社経営・時田一弘さん。加賀藩の祖の前田利家、徳川8代将軍・徳川吉宗、江戸期の町

有料会員

名駅西のエリアが なんだかうごめいてる。 その中心にいる人物とは。

レトロな雰囲気がまだほのかに残る名古屋駅の西エリア。そこに昨年9月〈ONLY FREE PAPER NAGOYA〉が、フリーペーパーが大好きで自身でも作っている堀江浩彰さんの持ちビルにオープン。全国のフリーペーパーが100種類ほど置かれており、「程よくサブカルっぽく」デザインされた喫茶店〈喫茶River〉も同フロアにある。リニア中央新幹線の駅が開通し便利になるエリアに対し、「変わっていくことは否定

有料会員

名古屋カルチャーを知れる WEBマガジン「LIVERARY」は、 遊びに行ける場所だった。

名古屋を中心に東海圏における音楽、芸術、映画などのカルチャートピックスや街のイベント情報などを紹介し、東海エリアを盛り上げているWEBマガジン「LIVERARY」。実は、そのオフィス自体もカルチャーを生み出すスペースになっている。雑誌『SPECTATOR』編集部によるトークショーや青葉市子、マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)によるライブショーが開催されたり、平山昌尚、加賀美健、大橋裕之といったア

有料会員