Feel

6月17日〜6月23日 水瓶座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の水瓶座(1/20〜2/18生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

水瓶座の星模様

優しさで溢れるように

17日に水星(思考・知性)・金星(愛・喜び)が、21日には太陽が蟹座エリアに入ります。水瓶座と蟹座は、性質が大きく異なるサイン(星座)です。水瓶座は進歩的で独立心が強く、公平性を重視します。一方蟹座は尚古主義的。

また、家族や仲間との繋がりを重視し、身内贔屓も認めます。水瓶座にとっては、蟹座に天体が集まる今週とこれから1カ月続く太陽蟹座運行期間は、“湿度”が高く、排他的で保守的に感じられそうです。

また、水瓶座は理論派で客観性を重んじますが、蟹座は感情を大切にし、主観的判断を認めるエッセンスを持ちます。そのため、今週以降は、水瓶座の武器であるロジカルさやドライな面を抑えなければいけない場面がありそうです。

また、太陽と水星、金星が運行する場所は、「サービスの部屋」であり、自他ともにケアすることを意味します。どんな人にも親身になって対応し、相手に共感して寄り添う姿勢が求められるかもしれません。

22日は山羊座で満月が起こります。今年1月の山羊座新月では、「本音で生きるためにできること」が種蒔きのテーマでした。自分の本音を直視して家族やチームメンバーとの関わり方を見直す機会があったでしょう。

今週の山羊座満月では、半年前に比べ、穏やかな気持ちになれていることに気がつきそうです。しかし、大きな決断については、方向性は定まったものの決定打に欠ける感覚がありそうです。立ち止まって状況を確認してみましょう。

今週の全体の空模様

癒やしと回復への道

「いつの日か誓いは栞になるだろう 思い出すたび風ふく場所で」
───榊原 紘『悪友』

今週は、17日に水星(知性・コミュニケーション)と金星(愛と喜び)が蟹座エリアに入り、21日には太陽が蟹座エリアに入り夏至を迎えます。夏至は占星術ではとても大きな区切りです。さらに22日に山羊座満月が起きるので、今週は世の中の潮目が大きく変わるのを実感しそうです。

夏至の星図は、冬至までの約半年間のムードを教えてくれます。今週の夏至図を見ると、同じ理想を目指す人が集まって水面下で団結していく様子が浮かびます。これから半年の期間は、多くの人が夢見るものによって、世界の在り方が変わっていくとき。誰を仲間とするか、誰と連帯するか、皆が考え始めるでしょう。

心強い仲間を見つけてチーム愛を育めるときでもあります。一方、身内との絆が強固になる分、一度“敵”と見なしたものを排除する動きは加速します。

山羊座満月では、木星双子座が天の高い位置で強い存在感を放っています。このポイントは「古風な井戸」と呼ばれており、ここに木星が輝くことで、井戸の所有者が喉が渇いている人に水を差し出す場面が浮かびます。

満月は、新月以降の半年間のテーマに一区切りつくとき。山羊座新月から今週までの半年間で、全体(社会)が病んでいればいくら努力をしても報われないかもしれないと気がついた人もいたでしょう。「どんな政治を求めるか」を考える期間でした。

そしてこの山羊座満月のタイミングで、井戸の水を分け与えていくような「富の再分配」が求められることになります。木星が、「多くの人の役立つものとは何か」と問いを投げかけてもくるでしょう。

特定の層に集中している“富”を社会に広く分配し、格差を縮めていこうと訴える声が大きくなります。

6月10日〜6月16日 水瓶座の運勢【ブルータス週間占い】

エルベ・シャンデスと北野武

北野武が、カルティエ現代美術財団との歩みを語る【ART CONVERSATION BY CARTIER】Vol.2

語る / PR