ライフスタイル

道具で変わる豊かな生活。

BRUTUS PROMOTION

No. 938(2021.05.01発行)
HOME SWEET HOME 居住空間学2021

これまでにない斬新な発想で、他ブランドとは一線を画した家電を作る〈バルミューダ〉。トースターなど、よく知られるキッチン関連に加えて、最近ではスピーカーや掃除機といった新アイテムも登場している。〈バルミューダ〉のモノ作りの根底にあるのは、デザイン性と機能性の両立。それは、料理家・冷水希三子さんが道具を選ぶ際に大切にしていることに重なる。手仕事にあふれたアトリエにも馴染む5つの最新家電。冷水さんはどう使いこなすのか?

キッチンに置かれたスチームトースター《BALMUDA The Toaster》(左) とオーブンレンジ《BALMUDA The Range》(右)。シンプルなルックスは落ち着いた内装にマッチ。
クローゼットの前で出番を待つ掃除機《BALMUDA The Cleaner》。使っていないときにこそ美しくあるよう、立てかけられた一本のホウキのようにデザインされている。
日当たりのよい窓際にあるのはワイヤレススピーカー《BALMUDA The Speaker》。お気に入りの音楽と、そのリズムとシンクロして輝くLEDが目と耳を楽しませてくれる。
人を招いた日の食卓を彩るポータブルLEDランタン《BALMUDA The Lantern》。つまみを回すだけで、色温度が暖色から温白色へと変化するので、シーンに合わせて楽しめる。

目の前にある旬の食材を見極めながら、ちょうどいい塩梅の手数で美味なる一皿を作る。丁寧に下ごしらえされているから、自然体でありつつ、その佇まいは美しい。料理家・冷水希三子さんが作る料理の魅力は、また彼女が愛用する道具にも共通している。

「改めて考えてみると、道具を選ぶときは見た目と同じくらい機能性を重視しています。使い方は、簡単明瞭がいいですね。多くの機能が付いていて、いろいろできるというよりは、一つのことに特化しているものが好き。そして、使っていくうちに愛着が湧くというのも大切な要素だと思います」

 都内にある冷水さんのアトリエは、そうして選ばれたモノたちであふれている。国内外を問わず、訪れた先々で買い求めてきた1000枚もの器コレクションに、丈夫でシンプルで使い勝手のよい調理道具、長年使い込まれた表情も魅力的な家具。それぞれが過不足なく“あるべき場所”に収まっていることが心地よい。

「器も調理道具も含めて、見えているものはすべて空間を形作るインテリアだと思っているんです。キレイな陳列棚などに入れて、ただディスプレイするのではなく、“使いながら飾る”というのが、私にとってはポイントかな」

 そういう意味で、器は最も手軽なインテリアと話す冷水さん。家具などに比べて、価格的にも、(置くスペースをそれほど考えなくてもよいので)サイズ的にも手に入れやすいからだという。

「どんな料理を盛り付けようか? どんなシーンで使おうか? とお皿の上と空間のことを考えながら、いろいろ妄想するのも楽しいんです。でも、そのおかげで、皿の数は膨大に。“見せる収納”にせざるを得ないのも事実です。器がなかったら、もっとスッキリした家になるんだろうなぁと思いつつ、増えるたびに置き方や見せ方を変えています(笑)」

 この考え尽くされた空間に、〈バルミューダ〉の家電はすっきりと馴染んでいる。その理由について、冷水さんは優れた道具感にあると話す。

「最新技術を搭載しているのに、そうは見せないシンプルで飽きのこないデザインと、簡単明瞭な操作性が気に入っています。例えば、掃除機《BALMUDA The Cleaner》はホウキのように取り回しが自在だし、オーブンレンジ《BALMUDA The Range》はスイッチやダイヤルの数が最小限だから直感的に使える。電化製品でありながら、人の手に馴染む道具でもある。そこが魅力的なんでしょうね」

バルミューダのある一日。

《BALMUDA The Cleaner》が追求したのは“かけやすさ”。独自の技術により、浮いたような軽いかけ心地と、前後・左右・斜めとヘッドを360度自在に動かすことを実現した。「出しっぱなしOKのデザインもいい」

パンをおいしく焼き上げる《BALMUDA The Toaster》は、オーブン機能も優秀。170℃、200℃、230℃の3つの温度が選べる。「予熱なしで、すぐ調理できるのが楽ですね。タケノコなど野菜を焼くのにもオススメ」

「スイッチやダイヤルの数が最小限なので、直感的に使えるのがうれしい」と冷水さんが話すのは、電子レンジとオーブン2つの機能を搭載した《BALMUDA The Range》。「オーブンの発酵モードも便利だと思います」

クリアなサウンドが360度立体的に広がるよう音響設計された《BALMUDA The Speaker》。「コンパクトで持ち運べるから、家の中のどこにでも持っていけますね。音楽に合わせてLEDが輝くのも楽しい(笑)」

《BALMUDA The Lantern》は、昔ながらのランタンをリデザイン。アウトドアで使うことも。「チルしたいときはキャンドルのような暖色、就寝前の読書には白色と、用途に合わせ明るさと色温度を変えられるのが魅力」

Special Recipes with BALMUDA

オーブンレンジで作る
■ チキンと新タマネギのシトラスマリネグリル


材料(4人分)
鶏モモ肉骨付き…2本
新タマネギ…1個
アスパラガス…4本

A
グレープフルーツ果汁…100㎖
塩…小さじ2/3強
エクストラバージンオリーブオイル…大さじ3
タイム…8~10本

B
ミント…1パック
パクチー…2株
クミンパウダー…小さじ1/4強
塩…小さじ1/4強
レモン汁…大さじ1
エクストラバージンオリーブオイル…大さじ2

作り方
1 鶏モモ肉は関節部分で半分に切り、合わせたAで1晩マリネする。
2 Bの材料のミントとパクチーは、みじん切りにしてほかの材料と混ぜ合わせ、ソースを作る。
3 天板にクッキングシートを敷いて、1の水気を切った鶏モモ肉とタイム、皮をむいて半分に切った新タマネギをのせ、エクストラバージンオリーブオイル(分量外)を適量かけて200℃に予熱した《BALMUDA The Range》で30分焼く。途中20分経ったら、半分に切ったアスパラガスを加え焼く。
4 器に盛り、好みで2のソースをかける。


スチームトースターで作る
■ タケノコのグリル 山椒レモンバター


材料(4人分)
ゆでタケノコ…小さめ2~3個

A
無塩バター…60g
山椒の実…10g
タマネギみじん切り…大さじ2
ニンニク…1/2片
イタリアンパセリ…5~6本
パンチェッタ…40g
レモン汁…大さじ1と1/2
薄力粉…小さじ1
塩…適量

作り方
1 Aの材料の無塩バターは、常温に戻して軟らかくしてからボウルに入れる。
2 パンチェッタはみじん切りにしてフライパンで軽く炒める。
3 ニンニク、イタリアンパセリはみじん切りにする。
4 1のボウルに、2、3を含むAの残りの材料を加えて混ぜ、最後に薄力粉を加え混ぜて山椒レモンバターを作る。
5 タケノコは縦半分に切るか、分厚かったら縦に3~4等分にする。
6 耐熱皿にタケノコを入れて、《BALMUDA The Toaster》230℃で少し焦げ目がつくまで焼き、いったん取り出す。その上に4のバターをのせ、200℃で再びバターが溶けるまで焼く。

今日のバルミューダ

スティッククリーナー『BALMUDA The Cleaner』
独自のホバーテクノロジーと、低重心設計、スティック型ハンドルにより、これまでにない自由自在な動きが可能に。専用の充電台で美しい姿のまま部屋に置いておける。ホワイト、ブラックの2色。59,400円。

スチームトースター『BALMUDA The Toaster』
大人気のトースターが昨年リニューアル。温度制御を全体的に見直すと同時に、窓枠の形状やダイヤル、取っ手のサイズなど、デザインも再設計された。新色のベージュ(写真)とブラック、ホワイトの3色。25,850円。

オーブンレンジ『BALMUDA The Range』
5つのレンジモードと100〜250℃を10℃単位で選べるオーブン機能を搭載。フラットで掃除しやすい庫内の容量は18ℓ。ブラック、ホワイト、ステンレス、ダークグレー(オンラインストア限定)の4色。47,850円〜。

ワイヤレススピーカー『BALMUDA The Speaker』
「音楽の輝き」をコンセプトに楽曲の持つエネルギーを目と耳で楽しめるスピーカー。上向きに設置された77㎜のフルレンジスピーカーがクリアなサウンドを実現。BluetoothとAUX入力に対応。ブラック。35,200円。

LEDランタン『BALMUDA The Lantern』
連続使用時間は最長50時間。生活防水レベルの防滴性能を備える。ブラック、ホワイト、グレーのほか、オンラインストア限定で写真のクラシックレッド、ネイビーブルーなど多彩なバリエーションも展開。15,180円。

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

profile

冷水希三子 ●料理家
ひやみず・きみこ/レストランなどでの勤務後独立。料理にまつわるコーディネート、スタイリング、レシピ制作を中心に、書籍、雑誌、広告などでも幅広く活躍。著書に『さっと煮サラダ』(グラフィック社)など。

●問合せ

バルミューダ www.balmuda.com/

photo/
Satoshi Nagare
text/
Ai Sakamoto

本記事は雑誌BRUTUS938号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は938号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.938
HOME SWEET HOME 居住空間学2021(2021.05.01発行)

関連記事