エンターテインメント

『ビーチ・バム まじめに不真面目』

みんなの映画 by Takashi Homma

No. 937(2021.04.15発行)
やっぱりマンガが好きで好きで好きでたまらない
『ビーチ・バム まじめに不真面目』監督 :ハーモニー・コリン/出演:マシュー・マコノヒー、スヌープ・ドッグ、アイラ・フィッシャーほか/4月30日、キノシネマほか全国順次公開。 ©2019 BEACH BUM FILM HOLDINGS LLC. ALL RIGHTS RESERVED

天才ハーモニーが描く、天才詩人の流転の人生。

ホンマタカシ(以下H)
イチバーン!
BRUTUS(以下B)
はい?
アイアム・ハルク・ホーガン!
懐かしのプロレスラーですね。で、それが、どうかしました?
超人ハルク・ホーガンの余生かと思ったら、詩人だったね。
全然、間違いますよ。
いや、見た目がね……。いつアックスボンバー来るかと思ったね。
プロレスラーの余生ではなく、天才と言われた詩人の余生の話です。
ハーモニー・コリン(*1)、『ガンモ』(*2)はすごかったね。ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。方丈記だね。福岡センセの動的平衡(*3)とも言えるかな。
そうですね。今、僕らが見ているものは実は前の実体とは違うものを見ていて……、って、難しいこと言って、誤魔化そうとしてませんか?(笑)
でも、詩人って格好いいよね。何やっても許されるもんね。
かつて出版した詩集が大成功して、その後は資産家の妻に頼って、酒とマリファナと女に溺れて、パーティ三昧の日々。ある事件後に急転直下な展開を見せますがはちゃめちゃです。
このコンプライアンス、MeTooの時代に、ハーモニーやるね。
やりたい放題ですが、物語の後半で哀愁も帯びていきますけど。
アイアム・ハルク・ホーガン! 猪木を失神させた男! イチバーン!
だから、誰も知りませんって……。

https://movie.kinocinema.jp/works/beachbum/

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

*1

映画監督。19歳で『KIDS/キッズ』の脚本を執筆。小説や写真作品なども手がける。

*2

1997年公開。少年らの日常を特異な映像表現で綴る。

*3

動的状態にあるが、外見上静的状態に見えること。

本記事は雑誌BRUTUS937号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は937号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.937
やっぱりマンガが好きで好きで好きでたまらない(2021.04.15発行)

関連記事