アート

ENDGAME (2021)|Beeple

チンキビジュツ〜世にもおかしなアートの世界〜

No. 936(2021.04.01発行)
猫になりたい

 Beepleという人をご存じですか。本名マイク・ウィンケルマン。2007年から毎日、デジタルの作品を制作するプロジェクト「EVERYDAYS」を続けているアーティストです。今年2月、5,000点をモザイク状に集めた一枚が、NFT(非代替性トークン)作品として大手オークションハウスのクリスティーズに出品されたことが大きなニュースになりました。作品はインスタグラムでも話題を呼び、2021年3月時点のフォロワー数189万人。ルイ・ヴィトンなど有名ブランドとコラボしたりと、まさに旬の人物です。彼のウェブサイトで全作品を見ることができますが、2007年の作品(下)と最新の作品(上)を比べると、14年の間に進化しすぎていてまるで別人の作品! が、日々のなかにある疑問や違和感からスタートし、次第に政権や社会批判の色が濃くなっていくのが面白い(ずっと「クソみたいなこと」をテーマにしているそう)。“ビープ”と“ピープル”をくっつけたBeeple、さあ、警笛を鳴らして明日はどこへ行くのでしょう。

*2007年制作、タイトルのない作品
アートカテゴリの記事をもっと読む
文/
中村志保
/
Courtesy of the Artist

本記事は雑誌BRUTUS936号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は936号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.936
猫になりたい(2021.04.01発行)

関連記事