エンターテインメント

短時間で奥深い、無言短編映画を。|佐久間宣行 → 松本まりか

佐久間宣行のカルチャー交歓!

No. 935(2021.03.15発行)
始まりの服。

 佐久間です。今回のゲストは女優の松本まりかさん。ご多分に漏れず、僕も2018年のテレビ朝日系ドラマ『ホリデイラブ』でその魅力に気づいた一人です。ああいう小悪魔な女性役って同性から嫌われるリスクがありますが、松本さんはそれを飛び越えてきちんと“ムカつく”演技をされていて。演技力と覚悟がある方だなと感じました。あとは松本さんといえば、無言のインスタライブが印象深いですね。ベランダでただ月を眺めたり、画面をじっと見つめたりしたまま一言もしゃべらず1時間(!)。あの無防備さには、「すごいものを見てしまった……」と衝撃を受けたことを覚えています。今まさにブレイクの渦中にいて、お忙しいであろう松本さんにオススメしたいのは10分間の短編スリラー映画『Curve(原題)』です。ストーリーは、目が覚めると、なぜか少しでも動けば奈落の底に落ちてしまう急勾配のコンクリートの上に寝そべっていた女性の顛末をひたすら見守り続けるというもの。セリフは一切なく、音声は女性の息遣いと環境音のみなのに、絶望感とスリルがすさまじいんです。さらに何回か観返すと、ただ怖いだけでなく、ストーリー自体が様々なメタファーになっていることも見えてくる。たった10分の短い時間にいろんな楽しみ方が詰まっているので、松本さんの貴重な時間をもらうならこの作品がピッタリなのではと。没入感が増すので、ぜひイヤホンでどうぞ!

『Curve(原題)』

コンクリートでできたカーブに放置された女性の顛末を追ったスリラー映画。2016年に公開され、各国映画祭で受賞多数。20年には日本でTwitterを中心に話題になった。監督・脚本・撮影:ティム・イーガン/出演:ローラ・ジェーン・ターナーほか。

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

さくま・のぶゆき

1975年福島県生まれ。テレビ東京プロデューサーとして『ゴッドタン』『あちこちオードリー』等を担当。『オールナイトニッポン0(ZERO)』に出演中。

松本まりか
まつもと・まりか/女優。4月10日スタートのフジテレビ系ドラマ『最高のオバハン 中島ハルコ』に出演のほか、5月14日スタートのWOWOWのドラマ『向こうの果て』で主演。

編集・文/
福島絵美

本記事は雑誌BRUTUS935号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は935号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.935
始まりの服。(2021.03.15発行)

関連記事