エンターテインメント

ストーリーの壮大さにも注目を。|佐久間宣行 → 髙城晶平

佐久間宣行のカルチャー交歓!

No. 933(2021.02.15発行)
アイドルマスター

 佐久間です。今回のゲストはceroの髙城晶平さん。直接お会いしたことはないですが、「Orphans」という曲で好きになって以来追いかけていて。ざっくり言うとただのファンです。ceroの楽曲には、どこか切なさや寂しさが盛り込まれているような気がしていて、一人でいようと、賑やかに過ごしていようと、自分が元来孤独を感じがちなタイプだからか、どんな場面でもすっと心に入り込んでくるんですよね。そこに惹かれています。一方で髙城さんは、アナログの手触りを保ちながらも、毎回新しいアウトプットを模索されている印象もあるので、物体をコマごとに少しずつ動かして撮るストップモーションという、アニメとしては「アナログ中のアナログ」な手法を使ってバリバリのアクション表現を生み出している映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』をオススメします。舞台は中世の日本。魔法の三味線と折り紙を操る勇敢で心優しい少年が、自らのルーツの秘密を知るための旅を続ける中で、迫る困難をいくつも乗り越えていくというストーリーです。もともとアクションが素晴らしい作品だという前情報だけで劇場へ足を運んだからか、逆に「人はなぜ物語を必要とするのか」という大きな問いと向き合うストーリーの深さに不意に驚き、感動しました。日本文化へのリスペクトも随所に溢れていて日本人としてはちょっと嬉しいところもありますよ。一見の価値ありです。

©2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.

『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』

米国スタジオ・ライカ製作による日本を舞台にしたストップモーションアニメ。2017年アカデミー賞では2部門ノミネート。監督:トラヴィス・ナイト/声の出演:シャーリーズ・セロン、マシュー・マコノヒーほか/ギャガ/1,143円 (DVD)。

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

さくま・のぶゆき

1975年福島県生まれ。テレビ東京プロデューサーとして『ゴッドタン』『あちこちオードリー』等を担当。『オールナイトニッポン0(ZERO)』に出演中。

髙城晶平
たかぎ・しょうへい/1985年東京都生まれ。ceroのボーカル、ギター、フルートを担当。ソロプロジェクト〈Shohei Takagi Parallela Botanica〉でも活躍している。

編集・文/
福島絵美

本記事は雑誌BRUTUS933号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は933号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.933
アイドルマスター(2021.02.15発行)

関連記事