エンターテインメント

【今回の国・ロシア】ランキングから読み解く社会学。

白武ときお「世界のYouTube急上昇」

No. 933(2021.02.15発行)
アイドルマスター
少女と熊を中心に繰り広げられる友情と冒険の物語『マーシャと熊』は世界で愛されている。最も視聴されたアニメ映像としてギネス世界記録になった大ヒット回も。

 社会学も読み取れるのがYouTube急上昇の良いところ。ロシアの登録者ランキングは、児童アニメチャンネルが上位を占めている。1位の『Get Movies』、2位の『マーシャと熊』は3000万人ほどのファンがいて、ピクサーレベルのグラフィックのアニメが観られる。急上昇にも、子供向けのアニメが頻出。なぜか? 最近、ロシアの出生率が、劇的に上がっているからである。ソ連崩壊時に、びっくりするくらいの少子化になったロシア。合計特殊出生率は、1999年には1・16まで落ち込み、人口減少が半端じゃなかった。そこを救ったのがプーチン大統領。第2子以降を出産した母親を対象に約100万円の「母親手当」を施し、出生率はV字回復。ということで、アニメ作品を掘っていたら、ある日を境にラインナップが一変。事件は、半年前に遡る。反プーチン大統領派のナワリヌイ氏が、去年8月に飛行機内で倒れ、ドイツに搬送。西側諸国は神経剤による毒殺未遂とし、ナワリヌイ氏は大統領が計画に関与したと主張。そんな彼がこの1月、帰国した直後に拘束された。急上昇トップ10すべてが事件の関連動画になったわけである。真実は不明。ただ、ロシアにおいてYouTubeは、政府に批判的な勢力にとっても重要なメディアになっているようだ。

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

しらたけ・ときお

放送作家。『しもふりチューブ』などのYouTubeチャンネルに加え、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』ほかテレビ番組も複数担当中。

文/
白武ときお

本記事は雑誌BRUTUS933号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は933号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.933
アイドルマスター(2021.02.15発行)

関連記事