ライフスタイル

SHOZO HAYASHIYA × BAR SOMETHIN’|甘く切ない、男のダンディズムにどっぷり浸かる至福の空間。

酒と音楽を語るリスニングバーへ。

No. 932(2021.02.01発行)
音楽と酒。
大澄慎一(左) 林家正蔵 ●落語家(右)

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

林家正蔵

落語家
はやしや・しょうぞう/1962年東京都生まれ。2005年、九代林家正蔵を襲名。噺家として高座に上がりながら、役者としてテレビや映画、アニメの吹き替えなどでも活躍。

BAR SOMETHIN'

浅草
マスターこだわりのオーディオでジャズが楽しめるオーセンティックバー。シックな大人の空間。●東京都台東区西浅草2−19−1☎03・3847・0479。19時〜翌2時。日曜・月曜休。

photo/
Kenya Abe
text/
Chisa Nishinoiri

本記事は雑誌BRUTUS932号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は932号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.932
音楽と酒。(2021.02.01発行)

関連記事