【識者のカスタード】世界と日本のカスタード、その歴史を掘り下げる!

HISTORY

No. 931(2021.01.12発行)
なにしろカスタード好きなもので。
吉田菊次郎(左) 大森由紀子(中) 林 周作(右)

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

吉田菊次郎

●ブールミッシュ代表、西洋菓子研究家
よしだ・きくじろう/フランススイスで西洋菓子を修業後、1973年に〈ブールミッシュ〉創業。国内外の菓子にまつわる文献を多数所蔵し、『洋菓子百科事典』など著書も膨大。

大森由紀子

フランス菓子、料理研究家
おおもり・ゆきこ/東京目黒フランス料理・菓子教室を主宰。フランスの伝統菓子、地方菓子から、最新のフランス菓子にも精通。著書も多く、近著に『パリスイーツ手帖』。

林 周作

●郷土菓子研究社代表
はやし・しゅうさく/50ヵ国以上で500種を超す郷土菓子を食す。東京・神宮前〈BinowaCafe〉で再現・提供。著書に『THE PASTRY COLLECTION』『世界の郷土菓子』等。

illustration/
Shinji Abe (Karera)
text/
Yuko Saito

本記事は雑誌BRUTUS931号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は931号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.931
なにしろカスタード好きなもので。(2021.01.12発行)

関連記事