エンターテインメント

読書家6人が“古典”に見つけた、道なき時代の標。

THE NEW CLASSIC BOOKS

No. 930(2020.12.15発行)
世の中が変わるときに読む本。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

Yumiko Kikuchi

翻訳・文筆業、言葉の探求者。2010年よりパーソナルな語りとフィクションによる救いをテーマにしたZINEを発行。

Mina Miki

1991年埼玉県生まれ。2020年に小説「アキちゃん」で、第125回文學界新人賞を受賞。

Teruoki Mishina

1979年京都府生まれ。2005年、西荻窪で雑貨店〈FALL〉オープン。著書に『雑貨の終わり』(新潮社)など。

Akiko Matsuo

編集者。フェミニズムを専門に取り扱う出版社・エトセトラブックスの代表。12月24日に羽根木に書店をオープン予定。

Hiroki Yamamoto

東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科助教。近著に『現代美術史 欧米日本、トランスナショナル』(中公新書)。

Keijiro Suga

詩人、明治大学教授。詩集『犬探し/犬のパピルス』など。最新の訳書はパティ・スミスの回想録『Mトレイン』。

edit/
Ryota Mukai (Mishina), Yosuke Tsuji (Yamamoto)

本記事は雑誌BRUTUS930号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は930号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.930
世の中が変わるときに読む本。(2020.12.15発行)

関連記事