エンターテインメント

SFの現在地を探る、編集者座談会。

溝口力丸 ●早川書房 小浜徹也 ●東京創元社 水上志郎 ●竹書房

No. 930(2020.12.15発行)
世の中が変わるときに読む本。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

Rikimaru Mizoguchi

編集者2014年から『SFマガジン』編集部所属。担当書籍に宮澤伊織『裏世界ピクニック』など。

Tetsuya Kohama

編集者1986年東京創元社入社。近年は創元SF短編賞出身者の作品や翻訳作品の新版・新訳版担当。

Shiro Mizukami

編集者2008年頃、竹書房へ入社。『寄港地のない船』刊行を皮切りにSFを出し始める。

text/
Moteslim

本記事は雑誌BRUTUS930号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は930号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.930
世の中が変わるときに読む本。(2020.12.15発行)

関連記事