エンターテインメント

国、民族、言語。境界を超え、世界とどう繋がるのか。

多和田葉子 ●作家

No. 930(2020.12.15発行)
世の中が変わるときに読む本。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

Yoko Tawada

1960年東京都生まれ。作家、詩人。早稲田大学第一文学部卒業。93年『犬婿入り』で芥川賞受賞。2016年ドイツのクライスト賞を日本人で初受賞。18年、『献灯使』で全米図書賞翻訳文学部門を受賞。

photo/Elena Giannoulis (portrait), Kaori Oouchi (book) text/Akane Watanuki

本記事は雑誌BRUTUS930号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は930号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.930
世の中が変わるときに読む本。(2020.12.15発行)

関連記事