エンターテインメント

宇多丸とYonYonが舌を巻く、KIRINJIという鬼才バンド。

BRUTUSCOPE

No. 930(2020.12.15発行)
世の中が変わるときに読む本。
宇多丸(左) YonYon(右)

「エイリアンズ」止まりはマジで違う!

リーダーの堀込高樹を中心に音楽的冒険を繰り広げながら、アルバムごとに刷新を図ってきたKIRINJI。彼らはなぜオンリーワンの存在となったのか。兄弟ユニット〈キリンジ〉から生まれ変わり、2020年末にバンドとしての活動を終了するまでの8年間を、彼らと共演してきた宇多丸とYonYonが語る!

宇多丸
キリンジはデビュー時から知ってて、『申し訳ないと』(日本語オンリーのクラブイベント)でDJするときによくかけてました。彼らはクラブ向けのリミックスも積極的に出していたんですよね。スギウラムさんの「クレイジー・サマー」リミックスは超最高。実際にお会いしたのは2008年で、僕がラジオで共演していたしまおまほさんと彼らが仲良しだったから、番組にお招きして歌詞の特集をやったのが最初ですね。
YonYon
私はかなり最近、2019年にSpotifyのプレイリスト経由で知りました。そこから「エイリアンズ」って曲は聴き覚えあるな、ほかの曲も聴いてみよう……みたいな感じでディグったら、ドレイクの「パッションフルーツ」をオマージュした「silver girl」を見つけて。R&Bの最新ヒットを取り入れたりもするんだーって親近感が湧きました。
宇多丸
KIRINJIって今もフォーキーなイメージで認知されてるのかもしれないけど、昔からアンテナを広く張って、常に新しい入口を用意していたのは重要なポイントだと思います。
YonYon
そういえば、高樹さんと最初にやりとりしたのはインスタのDMだったんです。「一緒にやりませんか?」とご本人から連絡が来たときはビックリしました(笑)。
宇多丸
あの人は根っこの感覚がニューウェーブなんだと思う。何かを取り入れるときもフットワークが軽い。
YonYon
うんうん。KIRINJIのアルバムも毎回アップデートされていますよね。『ネオ』(C)以降はエレクトロの要素が少しずつ入ってきて、『cherish』(E)になると、DJでもガンガンかけられそうなダンスチューンも収録されている。
(C)『ネオ』2016年8月3日発売。外部アーティストとのコラボに初めて取り組むなど、バンドの自由度が大幅に向上。
(E)『cherish』2019年11月20日発売。前作の方向性をさらに突き詰めた、最高傑作との呼び声も高い最新アルバム。
宇多丸
『cherish』を聴いたときは「ついに答えを見つけたか!」と思いました。『ネオ』で僕らがコラボした頃は、高樹さんもまだ「トレンドとKIRINJIらしさの擦り合わせに悩むこともある」と言ってたんだよね。やっぱり今聴き返すと、最初の『11』(A)は手探りだったような感じもする。そこから『EXTRA 1‌1』(B)でアルバムを作り直しながらバンドの地盤を固めて、次の『ネオ』で一気に吹っ切れた。
(A)『11』2014年8月6日発売。6人編成で再スタートする喜びと、まだ見ぬ可能性を追い求めた心機一転作。
(B)『EXTRA 11』2015年11月11日発売。ライブ録音をベースに、『11』収録曲を再編集したリアレンジ・アルバム。
YonYon
あのアルバム、冒頭から「The Great JOURNEY」でドーンっと始まるじゃないですか。「どうやって弾いてるんだろう?」と思うくらいベースが強烈だし、そこにRHYMESTERさんのラップが加わることで、ものすごいグルーヴが生まれていますよね。「ここからどうなるんだろう!」ってワクワクしたのを覚えています。
宇多丸
KIRINJIがラッパーを迎えたり、そもそも誰かをフィーチャリングしたのもあの曲が初めてだったから、高樹さんとミーティングしたときも「どういうつもり?」みたいな(笑)。
YonYon
リリックも男性ならではの視点で書かれていて面白かったです。
宇多丸
男女カップルがラブホテルの部屋を探しながら、ミクロな視点とマクロな視点が交錯するというね。あれは高樹さんのアイデアで、最初はもっとひどい下ネタも入ってたんだけど、「いくらなんでもやめましょう」って止めました(笑)。でも今振り返ってみると、あの曲によってKIRINJIは「何でもアリ」になったと思うし、我々としても携われたのは光栄ですよ。
YonYon
ここからどんどん新しい方向に進んでいきましたもんね。
宇多丸
どのアルバムも完成度が高いし、曲の流れも素晴らしいんだよね。『愛をあるだけ、すべて』(D)でいうと、「時間がない」に同世代のおじさん目線で感動した後、「After the Party」に続くくだりが最高。寂しい曲なんだけど、そのなかに美しさや生きる実感がある。小西康陽さんの曲にも通じる味わいというか。クラブ帰りに朝焼けのなかを歩くのと似た感じ。
(D)『愛をあるだけ、すべて』2018年6月13日発売。エレクトロニクスを本格的に取り入れ、同時代のポップミュージックと共振しながら新たなバンド像を確立。
YonYon
あそこの流れは私も好き。しんみりします。
宇多丸
YonYonさんも言ってたけど、KIRINJIのエレクトロ路線が本格的に始まったのもここから。『ネオ』で開いた風通しの良さが、『愛をあるだけ、すべて』でネクストレベルに到達して、次の『cherish』で完成すると。作品を重ねるごとに、YonYonさん世代のクリエイターのスタンスに近づいてますよね。(バンドだけど)デスクトップで作れちゃうみたいな。
YonYon
本当ですね。『cherish』では打ち込みのドラムが中心になっている曲もありますし。
宇多丸
その一方で、YonYonさんがお気に入りに挙げていた「雑務」は、80年代のニューウェーブ・バンドがダンスミュージックを演奏しているようでもあるよね。それこそ遡れば、「The Great JOURNEY」で高樹さんが「満室!」と叫んでるのはトーキング・ヘッズっぽいし、兄弟時代もニューウェーブっぽい曲はあったはず。過去の作品と地続きで繋がっている部分もある。
YonYon
完全にクラブミュージックになりきるわけではない、絶妙なさじ加減というか。
宇多丸
そうそう。日本語ポップスの構造から解き放たれつつ、ループミュージックのなかにKIRINJI的な要素をどう落とし込んでいくのか。その試行錯誤の末に辿り着いたのが『cherish』だとすれば、YonYonさんが参加した「killer tune kills me」もやっぱり重要。
YonYon
高樹さんもあの曲で、「次のフェーズに進もう」という意図があったと思います。だからこそ、普通だったら交わらないであろう私に声をかけたんでしょうし。あとはミュージックビデオに、韓国でも人気の唐田えりかさんが出演しているのも大きい気がしますね。韓国にはKIRINJIの熱心なファンがたくさんいますけど、この曲のPVでさらに名前が広まったはず。
宇多丸
なるほど、グローバルに向けて新しい入口を作っていると。そこまで来ると「ちくしょう!」って思わなくもない(笑)。それにしても、KIRINJIはどの作品も野心的だし、コンセプトも面白いですね。
YonYon
常に進化しながら、挑戦を重ねてきたんだなって思います。
宇多丸
そういう時期ごとの変化や葛藤も、最近リリースされたベスト盤『KIRINJI 20132020』(F)にはパッケージングされている。その時々に高樹さんが何を考えていたのか、線で辿ってみるとまた発見がありそう。
(F)『KIRINJI 20132020』2020年11月18日発売。16曲をセレクトし年代順に収録、8年間の歩みを凝縮したベスト盤。
YonYon
KIRINJIはミックスも相当こだわってるじゃないですか。でも、音のレンジ感とかベースの作り方も作品ごとに変わってきたのが、ベスト盤を聴いてよくわかりました。
宇多丸
そういう楽しみ方もベスト盤の醍醐味だよね。何はともあれ、今こそアルファベットのKIRINJIを振り返るべき時期でしょう。「エイリアンズ」の印象で止まってる人がいたら、「それはマジで違うから」と言っておきたい。キャリアを思えばもっと保守的でもおかしくないのに、これだけ脱皮と前進を繰り返して、問答無用で毎回カッコイイことをやってるのに、その中心にはKIRINJIらしさがハッキリとある。
YonYon
こんなに充実した活動を送ってきたのに、2020年を節目にバンドとしての活動を終了させるというのも大胆ですよね。今みたいな変動の時期に次のフェーズへと向かうのも、絶妙なタイミングだなって。
宇多丸
間違いない。でも、今後はどうなるんだろうね?
YonYon
2021年からは高樹さんを中心とする“変動的で緩やかな繋がりの音楽集団”として活動するそうですよね。また新しいKIRINJIを楽しめるのかと思うと、なんだかワクワクしてきます。
宇多丸
そう言いつつ、いきなり弾き語りとかやりだしたりして(笑)。
YonYon
高樹さんが1人で全部打ち込むかもしれないし。
宇多丸
ラップだってあり得るよね。今時のおじさんは油断できないよ。サニーデイ・サービスの曽我部恵一さんもものすごいラップアルバムを出してましたけど、ああいうことやられるとコッチは困るんだから(笑)。

KIRINJI

2013年に堀込泰行が脱退した後、堀込高樹(Vo、Gt、Key)が迎えたのは宇多丸も「豪華すぎる」と驚いたスターキャスト。最終メンバーは弓木英梨乃(Gt、Vo)、楠均(Dr、Per、Vo)、千ヶ崎学(Bass、Vo)の4人で、コトリンゴ(Piano、Key、Vo)は17年、田村玄一(Pedal Steel、Steel Pan、Vo)は20年に脱退。

宇多丸さんが好きなKIRINJI3曲

1. 「Mr. BOOGIEMAN」
雄くさい「The Great Journey」に続いて弓木英梨乃さんがアイドルポップス風に歌う、この振れ幅!


2. 「AIの逃避行」
「ラップは俺たちだけじゃなかったの⁉」みたいな(笑)。Charisma.comの持ち味が出ている。


3. 「時間がない」
兄弟時代からのAOR路線の究極形。中年クライシスの歌に込めた「人生の有限性」という深遠なテーマ。

YonYonさんが好きなKIRINJI3曲

1. 「日々是観光」
コトリンゴさん歌・作曲の東京観光を題材とした曲。「私も冒険してみたいな」と思わせてくれる。


2. 「雑務」
ライブで初披露されたとき、イントロから引き込まれました。スティールパンの響きも印象的。


3. 「Pizza VS Hamburger」
珍しく意味のない歌詞を繰り返しているのがハウスっぽくもあり、DJで使わせてもらっています。

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

うたまる

RHYMESTERのラッパー。TBSラジオ『アフター6ジャンクション』にメインパーソナリティーとして出演。2016年、「The Great JOURNEY」をKIRINJIと共作。

ヨンヨン

ソウル生まれ、東京育ち。DJ、SSW、InterFM『TOKYO Scene』のパーソナリティ。KIRINJIと2019年、「killer tune kills me」で共演。2021年頭に初のEPを発表予定。

text/
Toshiya Oguma
photo/
Koh Akazawa

本記事は雑誌BRUTUS930号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は930号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.930
世の中が変わるときに読む本。(2020.12.15発行)

関連記事